スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋する日本語

2011-02-15 | 21:58

忘れかけていた

美しい所作に通ずることばを扱うアンティークショップ

「ことのは」


日本語は

恋する心を伝えるために磨かれ

豊かな文化を紡ぎだしてきたんだとか

そして

恋に悩んでふと訪れる乙女に

よく似合う日本語をあつらえるというお話

恋する日本語

ちょっと素敵な番組ですよ


この本を映像化したんだそうな

恋する日本語 (幻冬舎文庫)
恋する日本語 (幻冬舎文庫)小山 薫堂 ソリマチ アキラ

幻冬舎 2009-04
売り上げランキング : 172


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

A Tale of God's Will

2010-12-28 | 00:40

TERENCE BLANCHARDという人を、

ご存じでしょうか。

80年代初頭に同郷のウイントン・マルサリスとともに新伝承派の旗頭として鮮烈にデビュー。その後、ジャズ界のメインストリームを突き進みながらも、映画のサウンドトラック(代表作はスパイク・リー監督作品『モ・ベター・ブルース』)も数多く手掛ける多才なトランペット奏者、テレンス・ブランチャード(TERENCE BLANCHARD)。


A Tales of God's Willという作品を買いました。

ハリケーンカトリーナの犠牲者への鎮魂歌

二年前にニューオリンズを襲ったハリケーン・カトリーナによる惨劇は、ただの災害ではなく、今のアメリカが抱えるいくつもの問題が浮き彫りになった出来事であった。その全容を記録したスパイク・リーの四時間にも及ぶドキュメンタリー作品「When The Levees Broke」 の音楽を担当したのがテレンス・ブランチャードだ。彼はこの作品にインスパイアされ、劇中の曲をアルバム用に再度演奏し、新たに書き下ろした曲を加えて作られたのが「神の意思の物語」と題された本作品。ニューオリンズという土地に刻まれた歴史を表し、多くの奪われた命を鎮め、新たなる始まりへの希望の光を指し示す大作となった。NYで活躍する若手奏者を中心としたクインテットにストリングオーケストラが加わる。深い悲しみ、にじみ出る怒り、暗澹とした闇、闇を照らす慈しみの光、そして、家族への愛…様々な想いが渦巻き壮大な物語を紡ぎ出す。前半は鎮魂の意に満ちた重々しい空気が流れるが、後半はケンドリック・スコット作「マントラ」を起点に世界が大きく動くかのような、限りない広がりを感じさせる曲が並んでいる。惨劇直後、急遽発売されたベネフィットコンサートの様子を収めた救済アルバム「ハイヤーグラウンド」での参加曲"Over There"は後半のハイライト。どこか東洋的な悠然と広がる大地を思わす響きの中を、ブランチャードのトランペットが搾り出すようにして歌い上げるフレーズが胸に突き刺さる。今年の前半を象徴する大作ウィントン・マルサリスの「自由への誓い」に続き、歴史に残る名作がまた生まれた。


ウィントン・マルサリスの作品とも、

通じるものがあるような気もします。

よいです、これ。

思い出のメロディー

2010-08-22 | 00:01

某NHK総合で、

19時半から放映されたプログラムに洗脳されちゃいました。

でね、

夫婦揃ってYoutubeを見始めたら、

もう次から次へと止まらなくなっちゃって、

唄うは、しゃべるは、もう大変。



いえね、

何とも楽しかったんですよこれが。

「ジュリーってば色っぽかったよねー」だの、



「小椋佳といえばまずはこれだよね」だの、



「実はあたくし、メジャーになる前の八神純子が大好きだったのよ」だったりして...

(「もう忘れましょう」という曲が特に好きなのですが、画像は共有できませんでした)


思いもかけずに盛り上がり、

楽しかったというお話でした。

お後がよろしくないようで...(爆)


Youtubeの充実度には脱帽です。


そしてさらに、

いろいろと「ポチっとな」したくなってしまったあたくしでした。


くっくるしい...


恋人たち+7(紙ジャケット仕様)
恋人たち+7(紙ジャケット仕様)岩崎宏美

ビクターエンタテインメント 2007-03-21
売り上げランキング : 104352

おすすめ平均 star
star貴重音源
star外国カバー+レアな邦楽カバーの組み合わせ
starロマンチックな爽やか系

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



追伸

家族でカラオケに行くか!という話になりました。(笑)

(因みにわたくしカラオケは大の苦手なんですが...)

OLD FOOL BACK ON EARTH/MICHEL COLOMBIER

2010-07-04 | 22:45

映画“ホワイトナイツ”や“相続人”など、

幾つもの有名なサントラを手掛けてきた、

作曲家?ミュージシャン?アレンジャー?

ミシェル・コロンビエ


活躍した時代とその立ち位置などから、

クインシージョーンズ、

ラロ・シフリン、

デイブグルーシンらを思い起こさせる。

が、

アレンジャーとしての技の多彩さと同時に

「そのアンサンブルの色彩感やメロディの端々からこぼれる

ノスタルジーにも似た優雅なポエジー」とライナーにあるように、

フランス人ならではなのか、

アンニュイな雰囲気は独特なものがあります。

オールド・フール・バック・オン・アース
オールド・フール・バック・オン・アースミシェル・コロンビエ

MSI 2001-05-25
売り上げランキング : 117709

おすすめ平均 star
starさり気ない超大作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今の時期、

お休みの日の夕暮れ時にピッタリな

そんな作品です。



正直言いますと...

大好きだったのだけど、

レコードを処分した後タイトルも作者名も失念していたのですが、

ふとしたきっかけで思い出し、

買い求める事が出来ました。


こんな楽しみも、

またいいもんです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。