安積のブラック

2012-04-28 | 22:08

魚介の出汁が効いている真黒なスープに天かすがのっている...

郡山ブラックとは違う“安積のブラック”というラーメンがあるらしい。

店名は「FuRoYa」

飲み屋さんが平日の昼間(+土曜の夜)にやっているラーメン

天かすが効いているってことは、

まっくろってことは、

ひょっとして鰹が効いた蕎麦つゆの様なスープじゃないのかと、

ずっと気になっていたんですね。

今回たまたま平日の昼間郡山に行く用事があり、

寄ることができました。

1204FuRoYa.jpg

カウンターに座って“黒支那”を注文

別名“安積のブラック”

さあ来ましたよ。

1204安積のブラック

なるほど、黒い(笑)

天かすや半玉ものってますね。

では早速いただきましょう。

1204安積のブラックいただき

麺は太麺と細麺から選べます。

これは太麺

加水率高めのピロピロ麺で美味しいですね。

そしてスープ

一口飲んで、うん、鰹だ!

いいねえ~

しかしこの鰹は節粉をこらしょと入れた結果。

ダシを引いたものではありませんでした。

食べ進んでくとちょっと飽きますね。

とはいえこれはまた珍しい、面白い味でした。

食べることができてよかったです。


スポンサーサイト

あなぐら

2012-03-11 | 00:14

ちょっとラーメンから頭が離れておりましたが、

実は管理人の頭の中には、

密かに二つのテーマがありまして(笑)

ひとつは「もう一度食べたいラーメン@福島」

もう一つは「鰹の効いたラーメンとは如何」

福島でもう一度食べたいラーメン(行きたいラーメン屋)といえば、

前回も書いたかまや食堂

春木屋郡山分店で塩にぼし。

そして鰹の効いたラーメンは、またまた登場かまや食堂

郡山のあなぐら

そして埼玉にある(福島にも支店があります)もちもちの木。

さて、3月に入ったとある土曜日。

ちょいと用事があって郡山に出かけました。

目的地は“夢のデパート”うすい百貨店です。

1203夢のデパート

久し振りの郡山なので、

お昼にラーメンを食べようと思い、

候補に挙がったのが、

「もう一度シリーズ」の春木屋と、「鰹シリーズ」のあなぐら。

何となく春木屋優勢だったのですが、

車を置いて「うすい」に歩いて行く途中にある「あなぐら」

あら、暖簾がかかっている。

そしてどうやら“おいでおいで”しているみたい。

一度通り過ぎたのですが、

Uターンして暖簾をくぐっちゃいました(笑)

1203あなぐらの暖簾   1203あなぐらの看板

ここは呑み屋さんで、

〆のラーメンが評判になり昼のラーメン営業を始めたとか。

メニューはこんな感じでいろいろありますね。

1203あなぐらメニュー

迷わず「あぶり」を細麺で注文。

程なく運ばれてきました、あぶり

1203あぶりがつお

うーん、飾りっ気が無いですね(笑)

まずはスープから。

うん、かつおだ。

わかりやすくて、美味しい。

蕎麦好きにはぴったりですね。

これにゆずの香りが効くと申し分ないかな。

では麺をいただきましょう。

1203あぶりがつおいただきま

細麺とはいえやはり加水率が高く縮れているのはお約束ですね。

意外と言っては失礼ですが固めでゆで加減もよかったです。

トッピングはねぎ、メンマ、のり、お麩、

そしてチャーシューではなく角煮の様な良く煮込まれた肉。

ちょっと味が単調で、食べ進んて行くうちに飽きてきてしまいがち。

ラーメン単独で見ると練れていない印象を受けますが、

飲み屋で〆のラーメンにこれが出てきたら嬉しいですね。

節粉でかつおを効かせるのではなく、

脂で旨味を乗せるのでもない。

きちんと出汁をひいた感じは好感度大です。

がんばって進化して欲しいラーメンでした。



鰹シリーズはもう一度“かまや食堂”と、未食の“もちもちの木

もう一度行きたいシリーズは春木屋@郡山ふじ乃@会津かな


勿論他にも行きたい店は沢山あるのですが、

管理人のようにラーメンを遠くまで食べに行くことは滅多にない人間にとって、

ということで。




支那そば処 三善

2012-02-10 | 20:16

たまたま平日のお昼時に郡山駅へ降り立ったので、

行きたかったお店「三善」へ行ってきました。

11時半開店まで少し時間があり、

管理人としてはめずらしくシャッターしてしまいました(笑)

1201三善外観

ほどなく温かい笑顔に迎えられて店内へ。

支那そばを注文して、

心静かに待ちましょう。

川俣シャモで出汁をひいた淡麗系のお味はどんなかな


運ばれて来たラーメンはこんな感じです

1201三善ととのいました

とても丁寧につくられてますね。

では早速いただきましょう!

1201三善いただきます

うん、とっても懐かしい味。

雑味がなくスッキリしてますね~

まず鶏のうまみが来るんですが、

それだけではなく、

香味野菜や昆布など(多分)が織りなす厚みのある味

う~ん、うまいね。

食べていると常連さんと思しき人たちが次々訪れて

“リーメン+おむすび”を注文してます。

地元に愛されてる感に溢れた、

支那そば処三善でした。





郡山ブラック@枡はん

2011-10-18 | 20:34

誰が名付けたか「郡山ブラック」

真黒なスープはショッパく無いの?

美味しいの?

ということで、その郡山ブラックの元祖といわれる

枡はんの濃口ラーメンを食べてきました

場所は郡山西口駅前、

うすいデパートの近く

辺りの駐車場は1時間当たり300円という場所にあります

1110枡はん

カウンターにかけてメニューを見ると、

半チャーハンもありますね

では濃口ラーメン500円と半チャーハン250円を注文しましょう

普通のラーメンは何と400円という安さです

お店は、女将さんともう一人の女性で切り盛りしてます

その女将さんが中華鍋を振り、平ざるでラーメンを盛ります

さあ出来ましたよ

「しょっぱかったら言ってね」と添えられた濃口ラーメンと、

1110濃口ラーメン

そして半チャーハンは、

お椀で出て来ました

1110半チャーハン


では早速いただきましょう!

1110いただきます


うーん、黒い...

じゃなくてうまい!

鶏の出汁がぐっと来て、

その後豚の甘さが追っかけて来ます

野菜の甘みも感じる、

なかなか複雑な味ですね

麺はこのあたりにありがちなピロピロ麺ではなく、

ストレートな四角っぽい麺です

何だかとても懐かしい気がするのは何故でしょうね

はじめ少ししょっぱいかなと思ったけど、

レンゲが進みますよ~

あげ玉を入れたら美味しいだろうな

これは蕎麦のうまさに近い感覚ですね

とってもあたたかな女将さんがつくる

郡山ブラック、

後引くうまさでした

チャーハンもうまいし

何たって安い!

白河や喜多方、会津に比べるとあまり名はとおっていませんが、

意外においしく多種多様な店がひしめいている

郡山でした


春木屋 郡山分店

2011-10-03 | 20:19

郡山の街中で14時半

どこでラーメン食べようかと悩みましたが、

そういえば春木屋にはまだ行ってなかった。

食べログで調べると15時までとなっている!

よし!!

“スープ切れ”という言葉がなんども頭をよぎりましたが、

祈るような気持ちでお店の前に着くと、

まだ営業中でした。

運よくお店の前の駐車場も1台分空いているし、

どうやら天は管理人を見放さなかったようです。


カウンターに通され、

中華そばと煮卵(650円+100円)を注文。

おそらく煮干しの香りですね、

お店の中一杯に漂っています。

(実は管理人、これが煮干しの香りだよと嗅いだ事が無いのですが)

期待が高まる中、

やってきましたよ!

1110春木屋中華そば

いい香り~

では早速いただきましょう。

1110春木屋中華そば_いただき

うん、うまい。

煮干しが効いたとってもわかりやすい美味しさです。

麺もしっかりしたコシがあり、

小麦の風味も生きてますね。

15時近いというのに客足が衰えないのも頷けます。

1110春木屋

“しみる一杯”に身も心もすっかり暖まり、

郡山を後にしましたとさ。