スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢志摩ワールドその5 伊勢湾フェリー

2010-04-24 | 00:27

楽しかった伊勢志摩ワールドのメニューも終わり、

水族館の隣の建物でフェリーの搭乗手続きをします。

1004伊勢湾フェリー

車を置いてターミナルの2階でチケットを買い、

少し時間があるので、

ここでもお土産を買い、

そうそう、伊勢うどんも食べなくっちゃ。

1004伊勢うどん

表面がふわっざらっとしていてタレがよくからみますね。

味はおせんべいみたいなイメージです。

こちらの食べ物は、

素材の味、素材のだし + しょうゆだれで、

あまりカツオなどのだしつゆを効かせたりはしないのかな。

醤油のかおりと素材のうまみがストレートに味わえて、

いいもんですね。


さてさて、

出航時間がせまってきました。

1004伊勢湾フェリー4

車に乗り、フェリーに搭乗すると、

程なくして伊良湖に向けて出航しました。

1004伊勢湾フェリー2

楽しかった伊勢志摩ワールドともさよならです。

今回も具沢山で楽しい休日でした。

何にしても、

伊勢志摩ワールドは本当に独特な世界が展開されていたなー

1004伊勢湾フェリー3

伊勢志摩とは何なのか、

伊勢神宮とは何なのか、

なんでこんなに心惹かれるのか...

生きている間に答えが出るかな。


熊野にも行かなくっちゃ。

スポンサーサイト

伊勢志摩ワールドその4 鳥羽水族館

2010-04-24 | 00:26

はや足ながらも、初めてのお伊勢さんを堪能し、

気がつくと既にお昼をだいぶ回っていました。

“朝から伊勢神宮を詣で、昼前にはステーキを食べて、

昼過ぎには鳥羽に戻って帰りは16時過ぎのフェリーかな”

なんて目論見は崩れっぱなし(笑)

でもこのまま帰るっていうのはあり得ないですよね。

ということで、フェリーを最終にして、

とにかく時間まで楽しもうと予定通り鳥羽水族館へ向かったのです。

なんと通行料1,220円という伊勢志摩スカイラインをふっ飛ばして。

高いだけあっていい景色でしたが、

目を三角にして運転してたので、勿論写真はとれず。

程なくして鳥羽に到着しました。

1004鳥羽水族館

エントランスホールでは、

ジョーズと水槽とピアノの自動演奏が迎えてくれます。

1004鳥羽水族館2

水の青に魚の黄色が映えてとても綺麗ですね。

1004鳥羽水族館3

ところで、鳥羽水族館といえば、

ジュゴン

1004ジュゴン

海藻をむしゃむしゃ食べており、

人魚のイメージには遠いですね。

そしてスナメリ

1004スナメリ

この光は演出でしょうか。

幻想的な映像に、

しばらく見入ってしまいました。



クリオネもいますねー

1004くりおね

「やあ」って言っているのか、

「ほほほ」と言っているのか...

面白い身のこなしですね。



古代の海、伊勢志摩の海、人魚の海、極地の海など、

テーマを絞った展示も工夫されていました。

水族館というと、

大水槽とアシカのショーってイメージのところしか知らなかったので、

とても新鮮です。


ひと通り見て回り、

お土産を買い込んだところで閉園時間となりました。


さて、

楽しかった伊勢志摩ワールドもそろそろ...

(もう少し続きます)

伊勢志摩ワールドその3 一生に一度はお伊勢さん

2010-04-24 | 00:25

いよいよこの旅の核となる、

お伊勢参りです。

当初早朝の清々しい気分の中でお参りして、

なんてイメージしていたのですが、

宿の朝食が8時からだったこともあり、

到着は10時を優にまわっておりました。

河原の臨時駐車場に車を止めて、

五十鈴川沿いを歩いて内宮に向かいます。

おはらい町はすでに大変な混雑

1004伊勢3

15分ほどのんびりと歩いたでしょうか、

1004伊勢神宮

聖と俗を分ける宇治橋に到着。

1004宇治橋

1004宇治橋2

大変な賑わいですが、

でも休日にしては空いている方なのでしょうね。

鳥居の下で一礼して、いざ聖地へ。

身が引き締まります。

1004伊勢神宮4

自然の中の広々とした敷地を歩き、

手水舎で身を清めて、

第一鳥居をくぐって五十鈴川とはなれて、

緑深い、杉の巨木の中を歩きます。

1004伊勢神宮2

太古より手を加えられていない自然。

おそらくこの地ならではですね。

第二鳥居をくぐる頃には何とも厳粛な気分で歩を進め、

やがて御正宮へ。

とはいえ五重の垣に囲まれて、

お参りは外玉垣南御門の前で。

正宮正殿の姿は全く拝めませんが、

ようやく来ることが出来ました。

天照大神を祀り、2000年以上の歴史を持つ伊勢神宮。

気持ちの安らぐ地です。

また来ようと思う。

いや、来るに違いない。

もっとゆっくり、

もっと早い時間に。

外宮や猿田彦神社もお参りしなくては。




伊勢神宮とはどういうところなのか。

そもそも神社とは、日本の神様とは...

そんなことに興味が湧いてくるのは、

そういう歳なんでしょうかね。

こんな本も買い込んだりして...

美術手帖 2009年 08月号 [雑誌]
美術手帖 2009年 08月号 [雑誌]

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




さて、

帰りは大賑わいのおはらい町をそぞろ歩き、

時間もかなり押してしまったので、

お約束の松坂牛は串焼きで済ませました。(with「牛肉コロッケ」)

1004伊勢牛串

特に有り難いものでもありませんでしたが、

でも散歩しながら牛の串焼きが食べられるのは珍しいことだよな、

などとひとりごちて。



汗ばむ陽気に人混みを沢山歩いたので、

親たちは少々疲れ気味なれど、

子供たちは親につきあわされ少々不満気味。


ということで、

第二日目もまだまだ続く...



伊勢志摩ワールドその2 味の宿「花椿」

2010-04-24 | 00:20

「美し国」と称される三重県の中でも、

ひと際豊かな自然の恩恵を受ける鳥羽市相差(おうさつと読みます)

定置網で水揚げされるヒラメや伊勢エビ、

尼が素潜りでとるアワビなど、

新鮮な魚介類を心づくしの料理で供する「花椿」には、

料理の本質を知る食通が集う...

そんなうたい文句に魅かれて、

今回のツアーのお宿に選びました。

因みにあたくしは別に食通ではなくただの食いしん坊ですけどね(爆)


はじめは、

4時過ぎには宿に入って、

散歩したりお風呂入ったりとのんびりし、

豪華な夕食に臨もう!

なんて言っていたのですが、

チェックインしたのは6時を回ってしまいました。

1004花椿3

海辺に小じんまりと佇む、こぎれいなお宿です。

1004花椿6

窓の外には何とも画になるお二人が。

1004花椿4

散歩もお風呂もおあづけとなってしまったのは残念ですが、

気を取り直して7時からの夕食会場に入ると、

テーブルの上は既にスゴイことになっていました。

全体図を撮り忘れましたが、

こうきて、

1004花椿10

こうなって、

1004花椿夕食11

さらにあれも、(ウシです)

1004花椿夕食2

これも、(釜めしです)

1004花椿夕食12

これだけでも食べきれるかなと心配になるのに、

さらにサザエのつぶやき、じゃないつぼやきが来たり、

1004花椿夕食13

これウマい!

1004花椿夕食14

そしてここからが本番です。

お造りのお船が到着しましたよ!

伊勢エビに、

1004花椿夕食8

サザエ、(キモ付きだった)

1004花椿夕食5

アワビ、
1004花椿夕食9

そしてヒラメ。

1004花椿夕食4

さらに活きた車エビを手でさばいて手渡し。

1004花椿夕食6

しかもすかさず殻焼きが出てきます。

1004花椿夕食7

降参。(爆)

とにかくどれもバカウマ!で怒涛のがぶり寄りに撃沈した夕食でした。

名物あおさのお吸い物とシャーベットでしめた後、

のんびり貸切露天につかり、

程なくして夢の中...



さて翌朝

1004花椿2

朝食もまた品数一杯だー。

1004花椿朝食4

お約束のみそ汁に、

1004花椿朝食

こいつをつつきながら箸が止まらない~

1004花椿朝食2

朝食後暫くは動けませんでした。(笑)


飾りっけのまるでないもてなしには戸惑いましたが、

とてもよい素材てんこ盛りな食事に大満足なお宿だったな。

出発の際はご主人も暖かい笑顔で見送ってくれました。


ここ相差(おうさつ)もまた、

独特の異次元ワールドだったな。


さて二日目はメインイベントです...

伊勢志摩ワールドその1 志摩スペイン村

2010-04-21 | 23:02

四日市付近の渋滞の影響で、

10時半頃に到着したのは、志摩スペイン村

“パルケエスパーニャ”

前回共にディズニーランドへ行った友人家族と今回も一緒です。

天候にも恵まれ、気持ちのいい青空のもと、

旅の一日目は子供サービス。

1004スペイン村

有り難いことに、

ここは人疲れしなくて済みそうです。(笑)

まずはよく手入れされた中庭へ。

1004スペイン村2

正面の建物の中の闘牛コースターを皮切りに、

アトラクションに乗りまくり。

ジェットコースターのようなスリルライド系から、

光の宮殿のようなほのぼのファンタジー系まで

思う存分楽しめます。

1004スペイン村10

1004スペイン村3

ふと気がつくとお昼すぎ。

お腹空いた―!

ということで、レストラン“アルハンブラ”へ。

大人は3人前のコースをたのみました。

まずは前菜のプレート。

1004スペイン村昼食

その後サラダやらパンやら色々出てきました。

中でもこれ、とても美味しかったです。

お肉のトマト煮込みのようなの。

お豆がまたいい味出してます。

1004スペイン村昼食2

そして、

スペイン村に来たらパエリヤ食べないとね。

1004スペイン村昼食3

なかなか本格的でどれも美味しかったです。

アトラクションも楽しいし、お腹も満足したし、

しばし広い園内を散策しましょうか。

ここはとにかく敷地が広く、自然が一杯で、

とても気持ちのいい空間です。

予想し得なかったことですが、

“志摩スペイン村”は、この地にとてもマッチしております。

ふと「ここはどこだっけ」..

ひょっとしてスペイン...

耳の奥にはチックコリアの「スペイン」が流れ.....

なんてね。

1004スペイン村4

よろしかったら、

しばしお散歩にお付き合いください。

1004スペイン村5

1004スペイン村6

1004スペイン村8

1004スペイン村9

1004スペイン村7

写真、うまくなりたいなあといつも思う瞬間です。


それにしても、

奥湾に養殖の筏が連なり、

伊豆にも見られる、日本のふつーの漁村的な地域なれど、

ちょっとした演出でまるで異空間に変化するんですね。

この地にスペインを持ち込んだアイディアに乾杯!


異空間にすっかり日常を忘れ、

アトラクションも遊び倒し、

楽しみまくりの志摩スペイン村。

エンドレスに電池の切れない子供たちをなだめすかし、

園を出たのはもう辺りが薄暗い時刻でした。

1004スペイン村12

さあ、宿だ!

大人のパラダイスへ続く...





追伸.岩下さんには会えませんでした。

久し振りに、西へ

2010-04-20 | 23:46

4月の第二土曜日の朝5時、

友人家族と西へ向かって東名に乗りました。

西へ向かうのはずい分と久し振りです。

特に混雑もなく途中から海側に分かれ、

楽しそうなものが見えてきました。

1004伊勢への道

すごいジェットコースターですね。

楽しそうですが本日の目的地はここではありません。

ということでナガシマスパーランドをスル―してどんどん進みます。

四日市から南へ進路をとり、

渋滞を抜けて、

桜を見ながら更に南下。

1004伊勢への道2

高速も終わり、

段々この地域っぽい景色が...

1004伊勢への道3

そしてこの橋を渡ると、

いよいよ本日の目的地そのいち、です。

1004伊勢への道4

さあ、

伊勢志摩ワールドの始まりです。

(つづく・・・)

第3回静岡DEはしご酒

2010-04-18 | 22:57

昨年から始まった「静岡DEはしご酒」というイベントの第3回めに、

ボボイ社長と愉快な仲間たちで突撃してきました。(爆)

イベントは17時半からスタートですが、

仕事上がりなので19時過ぎからの参加となりました。

どんなイベントかともうしますと...

静岡市街の呑み屋さん5軒で、

決まったおつまみと決まったお酒1杯が1000円で用意されており、

好みの3軒を回るとお土産がもらえるというもの。

5軒の蔵元が参加し、

それぞれが何処かのお店でスタンバイしています。

即ちそのお店では、

その決まった蔵元のお酒を決まったおつまみで楽しみ、

さらにその蔵元とのおしゃべりがついてくるという、

いやはやなんとも幸せな企画。



まずはいそいそと「たがた」さんへ。

お店に近づくと、

何と行列が出来ている...

初めて同士で日本酒談議に花が咲き、

30分ほど待ったでしょうか...

こちらのお酒は萩錦。

仕込みに使う安倍川のまろやかな伏流水とともに

1004萩錦の水

なかなかまろやかで、

日本酒らしい味わいのお酒です。

1004萩錦@たがた

ここのつまみは天抜き。

1004天抜き@たがた

このつまみにうまい酒、

まだ1軒目なのに仕上げの蕎麦食いたい気持ちをぐっと抑えて...

お次は狸の穴さんへ行くと、

あらら、

こちらも渋滞だ。

おや、

なおさんに、Waltさんも並んでる。

みんな上機嫌だぞ~

さて、ではと先に近くの「のっち」さんへ行ってみますと、

少し待って入ることが出来ました。

ここは白隠正宗の担当。

これまた日本酒独特の味が濃くて美味しいや。

1004白隠正宗@のっち

つまみはアンキモ豆腐など呑ん兵衛のハートをくすぐる一皿

1004のっち

ツボを抑えられまくりのワタクシです。(笑)

満足して狸の穴に戻ると、

あらら、まだほとんど進んでいない...

では先にキャパの大きいMANDOさんに行ってみましょう。

1004マンドー

こちらでは島田の大村屋さんが待機。

料理はまさにネオジャパネスクですね。。

1004大村屋@マンドー

鯛のお茶づけは写真撮るのも忘れてかっ込んじゃいました。(笑)

そしてお酒は、吊るした袋から垂れる雫です。

いい味出してるなー。

1004雫酒@マンドー

乾杯もあって盛り上がってますよー

1004乾杯@マンドー

さて、

ぼちぼちいいかと、みたび狸の穴へ。

1004狸の穴

すると、

もうつまみも終わってしまい、何やら終了モード。

何とか滑り込んで、

お結びやサンドウィッチを頬張りながら、

1004狸の穴お結び

喜久酔を楽しみます。

1004喜久酔@狸の穴

日本酒らしい、旨い酒ですね。

料理の替わりにちょっとおまけしてくれました。(笑)


ここでイベントはタイムオーバーとなりました。


こんなに盛り上がっているとは予想できませんでした。

皆楽しそうで素敵なイベントですね。

日本酒が好きで、

酒飲むのが好きで、

皆でワイワイやるのが好きな人が集まってくるのだらか、

盛り上がるに決まってるか。


打ち上げは再びマンドーで。

気持ちよく酔っ払っており殆ど記憶がありませんが、

ここでエーデルピルスと出会えるとは思わなかった。

1004エーデルピルス@マンドー

電車の時間があるので、

泣く泣くこのへんで退散となりましたが、

湧登に行けなかったのが心残りです。

近いうちに顔だしに行こう!


それにしても、

好きこそものの上手なれ、ということわざがまさにピッタリな、

見事なイベントでした。

やまちゃんに脱帽です。

土曜の夜のライブ

2010-04-06 | 23:49

毎週土曜日の19時半から深夜24時まで、

博物館内の喫茶店にいる。

ライブの開演は20時から。

そのミュージシャンの名は、

とたけけ

演奏中は独自のカメラアングルに切り替わり、

ムードたっぷりの照明の中、スタッフロールが流れる...


一体何の話かって?

興味の沸いた方は、土曜日の夜、

ぼんやりした時間にyoutubeの動画をググってみてください。

タイトルは「ゆけ!けけライダー」なんかおススメ。

なんかすごくペーソスただよっています。

耳について離れません...

春のお散歩・・・その二

2010-04-05 | 20:15

日曜日は静岡市街へお散歩。

妻と娘が開店した戸田書店に行きたいと言うので、

駿府公園を見がてらおマチを散策して、ということになりました。

1004駿府公園

やはり例年より咲き方がまばらだと思うのですが...

1004駿府公園3

なんか中途半端な思いが拭えぬまま、

でもまあ写真でも撮っておくかとお散歩は続く。

1004駿府公園2

それにしても最近の駿府公園は、

緑が少なく埃っぽい、殺風景な場所になりました。

1004駿府公園4

天守閣を再現するための準備なのでしょうか。


このあと呉服町商店街をひやかしながら、

葵タワーの戸田書店静岡本店で蔵書の多さにニマニマし、

帰路につきましたとさ。


ところで最近人混みを歩くのがとても疲れます。

すれ違うときも前もってスペースを譲り合うことがなく、

ぶつかりそうになって仕方なく最小限除ける。

若いお嬢さんや年配のお姉さまのなかに、

除けずに肩をぶつけてくる方さえいます。

肩で風切って歩くのは○のつく職業の人だけだと思っていたのですが...



この国はどこへ行ってしまうのでしょうね。



春のお散歩

2010-04-04 | 19:59

ようやく雨も上がり、

気持ちのよい土曜日

春を感じにお散歩しました。

静岡県立大のある文化センターまわりをめざして歩き始めます。

まずはいつもの猫にあいさつし、

1004散歩2

ちょっと手荒かったかな(笑)

1004散歩

暑からず寒からず、

とても気持ちのよいお散歩日和。

1004散歩4

タンポポがたくさん咲いています。

これは葉っぱのギザギザが少なくて、

西洋タンポポではなさそうですね。

1004散歩3

図書館の上まで上がっていくと、まだ桜はまばらですね。

1004散歩5

今年はどこも足並みがなかなか揃わないようです。

1004散歩6

咲き乱れると言う状況には程遠いですが、

のどかに花見をするにはいいですね。

1004散歩7

下の芝生広場まで降りてくると、

相変わらずの無法地帯でした。

グローブを使ってキャッチボールする奴、

バットを振り回す親子、

狭い通路にシートを広げて酒盛りするグループ...

ここはすっかり“近づきたくないエリア”となってしまったなあ等と思いながら、

家路に着きます。

プティタプティのクロワッサンはぐっと我慢して(笑)

たまには散歩の途中でコーヒーなんかもいいよね。

1004散歩9

今度寄ってみようかな。



外が気持ちいい季節になってきましたね。

お散歩その二に続く・・・

いよいよ静岡にも本格的な書店誕生!

2010-04-02 | 23:48

4月1日から2日にかけて、

静岡では冗談のような風雨、

まさしく春の嵐が吹き荒れました。

3月の静岡の降水量も381.5mmと統計上最多だそうな。

よく降りました。

そんな中、私の期待を一身に担う、戸田書店静岡本店がオープンしました。

場所はこれまた静岡駅周辺のこれからを象徴する、

葵タワーのB1F、1F、2Fの3フロア。

1004TODA.jpg


金曜日、仕事上がりに早速探検してきました。

店内は白を基調に落ち着いた配色、

床面積も蔵書も圧倒的です。

何と精神世界の本のコーナーまであるぞ~

オープン企画でしょうか、

齋藤孝のコーナーもありました。

1004TODA2


ここヤバいです。

許されるなら、

お弁当持って1日中居たいです(爆)


静岡にも、

久し振りにワクワクする本屋さんの出現です。

葵タワーには面白そうな食べ物屋さんもあり、

静岡市の美術館も追ってオープンするとか。


楽しみですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。