スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月31日に思ったこと

2011-07-31 | 00:00

人生には時期や風向きというものがあるということ。

言葉にすると簡単だけど、

すぐ忘れちゃうんですよね。

ためる時にはジタバタしないでしっかりためよう。

ジタバタすると必ずうまくいかないのでイライラする。

イライラするとつい人や物に当たったり悪口を言ってしまう。

一生懸命やっているのはわかっているはずなのに、

何かにつけて家族にも小言を言ってしまう。

ちょっとした怒りや小言は肚に収め、

もっと信じて任せる努力をしたいとつくづく感じます。

何にしても、

暇でイライラしてるとロクなことはないですね。

小人閑居して不善をなすといいます。

兎に角できることを一生懸命やろう。

こんなことして何になるなんて余計なことは考えず、

目の前のこと、

今していることにもっと集中しよう。


妻が教えてくれたこと。

7月31日のひとりごとでした。


スポンサーサイト

2011-07-30 | 23:12

とろっとじゅるっと爽やかに甘い

そんなフルーツが大好きな管理人です。

具体的には何かって?

筆頭はやっぱりメロンですね。

次席は桃

そして最近出てきたダークホースはマンゴーですかね。

でも静岡で身近に楽しめるのはやっぱりメロン。

そして山梨県が隣だし、

桃もポピュラーですね。

川村農園カフェに行く道すがら、

日本平運動公園の近くに桃を売っているお店発見。

1107桃3

JAの関係でしょうか

いろんな桃が並んでいます。

1107桃2

一宮の桃を買い求め、

1107桃

家に帰って楽しみました。

固いのから柔いのまでいろいろ入ってましたが、

桃の悦びは堪能できましたね。

1107桃4

次はまた川村農園CAFEで、

メロンジュースだな!


川村農園CAFE

2011-07-25 | 23:54

三保にとぉ~っても美味しいトマトジュースがあると聞いて、

訪ねてまいりました。

川村農園CAFE

三保街道をずずっと奥へ進んで行き、

左手に三保造船とかサークルkとかがある信号を、

灯台方面へ右折

少し行くと交差点左手に案内が出ているので左折すると、

すぐ右にありました。

1107川村農園Cafe4

開店時間の午後1時ちょい過ぎ。

車を置いてお店へ

1107川村農園Cafe1

まん中辺の白いドアからお店に入ると、

明るい笑顔に遭遇(笑)

明るく気さくな奥様と、

優しさを絵にかいたようなご主人に話を聞きながら、

ジュースを注文します。

管理人が注文したのはオーソドックスにトマトジュース

1107川村農園Cafe

青くささを僅かに残しつつ、

とまとのうまみに甘さが効いて、

これはうまい!

そして娘は奥のブルーベリージュース。

こちらもほんのりと野趣を残しつつ、

口の中がブルーベリーのうまみ一色に。

実を頬張るだけでは味わえない、

ジュースにしてこその悦びですね。

そして妻が頼んだのは「男のソルティートマト」

1107川村農園Cafe2

まさにすりおろしトマトといった食感に、

レモンと塩がうまいぐあいに効いてます。

これは大人好みかな。


ジュースは他にも夏ミカンやパッションフルーツ、

そして(管理人)待望のメロンジュースも、

それぞれの時期で楽しめるとのこと。

メロンジュースはもうすぐ始まるようです。

楽しみですね。


トマトのジャムをお土産に買い求め、

1107川村農園Cafe5

帰路に着きました。


営業は土日祝日の午後1時から日暮れ頃まで。

この「日暮れ頃まで」というのがやわらかくていいですね。

お金をかけてカッチョイイお店を建て、

バイトを使ってお店を経営していくというのではなく、

身の丈に合ったお店を手作りで楽しんでいるといった雰囲気が、

訪れる者をホッとさせるんでしょうかね。

1107川村農園Cafe3


素敵なカフェに出会いました。

お店の情報は食べログでも



喜多方オフ そのに

2011-07-19 | 23:55

そのにです。

あまりの暑さにちょっと趣向を変えようと、

道の駅へ向かいました。

お目当ては勿論ラーメンバーガーと温泉。

1107ラーメンバーガー

でも結構ボリュームありそうなので、

管理人はラーメンバーガーも泣く泣く我慢。

お風呂も電車の時間が危ないとパス。

山焼けでも海焼けでもスキー焼けでもない、

ラヲタ焼けで火照った体を濡れタオルで鎮め、

街中に戻って再び行列に並びます。

1107まこと行列

ここは「まこと食堂」

3人であーじゃねこーじゃね言いながら待っていると、

ほどなく入口に辿り着きました

1107まこと入口

ばんない食堂も広かったけど、

ここは料理旅館のようなつくりで、

キャパは大きいですね。

我々含め7人が一部屋に案内されました。

1107まことメニュー

中華そばを注文し

ずらっと並んだ有名人の色紙を眺めていると、

1107まことの部屋

意外に早くラーメン登場。

中華そばです

1107まことのラーメン

こってりっぽいルックスと

とんこつのいい香りにそそられますね~

ではいただきまーす。

1107まことのラーメン2

う~ん、うまい!

満を持した甲斐があったというものです。

本日を〆るにふさわしいラーメンでした。


ラーメン店(食堂)に酒蔵に、

塗り物やお酒などの土産物屋がコンパクトに集まり、

駅から歩いてぐるっと回れる喜多方のまち。

駅前はがらんとしてますが、

1107喜多方駅前通り

開放感ある街づくりの途中でしょうかね。

冬は雪がたんと降るとか。

どんな表情になるのでしょうね。


今回はラーメン一色(爆)でしたが、

酒蔵巡りもそそられるし、

いやいやラーメンも、

「あべ食堂」や「はせ川」にも行きたいし、

また来たいですね。


何はともあれ、

美味しく楽しいオフになりました。


そうそう、

本日の最高気温は他地域に譲ったようです。

喜多方オフ そのいち

2011-07-18 | 22:44

静岡からヲタさん二人がやってきて、

喜多方オフ

なぜ喜多方か。

別に日本で一番の最高気温を体験しようと狙ったわけではない。(笑)

JR東日本管内の全ての列車が、

1万円で乗り放題となる「JR東日本パス」に敬意を表してのことですね。

お二人は別々に喜多方入り。

1107喜多方駅

まずは、一番人気とされる「坂内食堂」へ。

路地を曲がると、

ゲゲッ、行列だ~

まだ10時過ぎなんですけど...

1107ばんない行列

暑さ厳しいなか、

お店の人が傘を配ってくれます。

これは嬉しい心づかいですね。

おしゃべりしながら気長に待ちましょう。

1107ばんない入口

店内に入り、食券を買い、

カウンターに陣取ってラーメンが来るまでちょうど1時間。

カウンター越しですが、

お客が手を出しても渡すことなく、

お店の人がちゃんとテーブルの上に置いてくれます。

超人気店でも奢った感じが無く、好感持てますね。

ラーメンはこんな顔。

1107支那そば

殆ど塩ラーメンですね。

普通の支那そばですがチャーシューたっぷり。

淡麗だけどホッとする味で、

朝いちにはぴったりでした。

お店を出たところでNHKが取材してました。

本日の最高気温が喜多方で観測されるかもしれないと、

街ゆく人にインタビューしてるとのこと。

かるくインタビューをこなし、

続いては、

喜多方ラーメンの元祖とも言われる「源来軒」

1107源来軒

こちらは行列は無いですね。

入口でお二人を見送りました。

何せ管理人は一日2食が限界ゆえ...(笑)


さあ、

ここ喜多方市は本日の最高気温をたたき出すでしょうか!?

汗をふきふき、

長くなりそうなので、

「そのに」に続く。




かつや

2011-07-08 | 20:28

カツ丼(ソースかつ丼ではない)、

チャーハン、

ラーメン、

餃子、

そして定食

こういったものは定期的に補給が必要です。

男子とは困った生き物です(笑)

富士にはあったような気がしますが、

郡山の幹線沿いに見つけて、

カツ丼補給してきました。

久し振りです。


カツ丼というのは、

それほどいい部位の肉でなくとも、

豚肉を美味しくいただける素晴らしメニューです。

これを考案したシトにはノーベル賞あげたい!


閑話休題

カツ丼の梅490円+トン汁100円(税抜き)

1107カツ丼梅

こんなんで十分満足です。

有り難いお店ですね。

1107かつや

会津へ行ってきた

2011-07-07 | 23:27

片道約80km位のドライブです。

まず向かったのは大内宿

何といっても道々信号が殆ど無いので早い早い(笑)

道沿いに綺麗な小川が流れていたりします。

1107小川

さあ着きましたよ。

昔ながらの集落を再現した施設です。

1107大内宿2

その家々で、

1107大内宿

名物の蕎麦や漆器、

その他いろいろなお土産物が売られています。

1107大内宿4

高台からはガイドブックそのまま、

箱庭のような景色が楽しめました。

1107大内宿3

一通り楽しんだあとは、会津若松方面へ向かって出発。

芦ノ牧温泉地を抜けて暫く行くと、

牛乳屋の看板を発見。

ということでお昼です。

1107牛乳屋

12時に近い時間でしたが、

並ぶこともなく、

明るいお姉さんに席に案内されました。

ここも震災後は県外ナンバーが殆ど来ていないようですね。

1107牛乳屋店内

名物のラーメンとソースカツ丼のミニセットを注文。

会津がソースかつ丼の地だとは知りませんでした。

日本は広いなあ、何て言っている間に、

来ましたよ!

1107牛乳屋セット

ラーメンは昔懐かしいタイプでジンワリうまい

カツ丼は千切りキャベツを敷いた上にソースに漬けたカツが乗っています。

あとは冷ややっこに牛乳がついて、

990円

1107ラーメン

1107ミニカツ丼

量はホントにミニでした(笑)


あとから向かいにいた名物おじさんぽいご主人に聞くと、

1107牛乳屋2

会津では極太麺を食べなくっちゃ!だって

何でも会津のラーメンはきしめんにも迫ろうかという極太麺が特徴で、

130年の歴史を誇るんだとか。

喜多方とは歴史が違うんだと誇らしげでした。

今度は極太麺を食べてみよう。


お腹も落ち着いたところで、会津の市街地へ向けて出発。

郡山あたりとは雰囲気が違い、

ちょっとした旅行気分が味わえていいですね。

漆器のお店など見学して、

1107鈴善漆器店

そのまま喜多方へ向かい、

中心街を車で走った後は裏磐梯へ。

1107桧原湖

桧原湖です。

芦ノ湖に似た雰囲気

気持ちのいい所でした。

五色沼はのんびり歩いて楽しむ場所らしいので今回はスルーし、

猪苗代湖を半周して帰路に着きました。


会津、喜多方、裏磐梯方面は、

もっと下調べをしてゆっくり訪れて見たい

そんな気にさせる魅力的なところでした。


そういえば静岡から奇特なお客様が来る予定があったんだ。

近いうちに喜多方ラーメンのレポができそうです。

カミングスー ん?


放射能汚染

2011-07-06 | 23:31

「NHKスペシャル 広がる放射能汚染」を見ました。

汚染がどう広がったのか知る手掛かりは、

プルームと降雨だった。

福島第一原発の爆発で排出された、

汚染された空気の塊が当時の風に乗って漂い、

降雨によって地表に落ちてきた様子が表現されていました。

専門家は知っていたに違いないのになあ...


静岡のお茶から何故放射性セシウムが検出されたのかも、

解説されていました。

早く汚染の実態を把握して、

対策が打たれることを切に望みます。


日本は過去に唯一戦争で核に汚染され、

さらに原発の事故も海外で発生し、その知見は蓄積されているはずなのに、

放射線に対して何て無防備だったのでしょう。

しかも昨今、電力会社の株主総会でも政治の場でも、

既に終わったことのような雰囲気が漂い始めているのが気になります。

東日本は、

首都圏も含めて、

終わりの見えない長期戦に入っているというのに...



福島に限らず関東以北で、

環境空気中の放射線量が、

0.2μSv/hといったポイントはそう珍しくないと思うのですが、

例えばこの0.2という数字、

どう評価したらよいのかまるでわからない。

この数値は大丈夫なの?大丈夫ではないの??

0.2μSv×24時間×365日⇒1.752mSv

年間1ミリシーベルト超の放射線を浴びるとどうなるの?


番組中、

子供たちを校庭で遊ばせるかどうかの判断を、

最終的には家庭にゆだねるという件がありました。

何を根拠に判断しろというのでしょうか。



素人ですので誤解も多々あるかと思います。

今度の土曜日

再放送がありますので、

見逃した方、

興味のある方は是非ご覧ください。

2011年7月9日(土)  午後4時30分~5時19分 総合


魚竹寿し

2011-07-05 | 19:36

結婚記念日のお祝いに、

お気に入りの魚竹寿しさんのカウンターへおじゃましました。

まずは乾杯。

1106生

お刺身。

1106おさしみ

添えられたアジサイが涼しげだな、なんて油断していると、

となりとそのとなりからも箸が伸びてくる。

これおつまみなんだけど...

もうひとつおつまみ。

1106魚竹1

イカの中にご飯が詰めてあるんだけど、

大きさも味付けもおつまみにちょうどいいや。

魚竹の皆さんとのおしゃべりが楽しくて、

気持ちのいい酔い加減も手伝い、

例によって殆ど写真が無い(笑)

丁寧に撮れなかったので迷いましたが、

美味しいお寿司を少しだけご紹介。

ヒラメのこぶじめ。

1106魚竹2

酔っ払いに白は限りなくハードルが高かった(笑)

そしてこの時期は何たって「鯵」

1106魚竹3

感動の「うに」

美しい!

1106魚竹4

久し振りの魚竹時間を堪能し、

とってもうれしい結婚記念日のお祝いになりました。

ごちそうさま!

1106魚竹5

福島のラーメン そのに

2011-07-04 | 19:22

福島のラーメン

まず初めて食べたのは、

須賀川ボタン園のすぐそばにある栄蘭という中華料理屋さん

メニューには載ってないけど、できるというので、

半チャーハン350円とラーメン500円を注文

安いですね。

1105栄蘭ラーメン

1105栄蘭

ポイントカードがあり、

ポイントを900円分サービスしてくれました。

こんなところがまだ世知辛くなかった頃の日本を思い出させて、

うれしくなります。

普通においしい半チャンセットでした。



二番目はとらや分店をうたう伏龍

12時前だったせいかすんなり入れました。

手打ち中華を注文。

出てきたラーメンはこんな感じ。

1105伏龍

特に何も感じないラーメンでした。

このあたりはピロピロの麺に醤油の勝ったスープが多いのでしょうか。

ラーメンに限らず味噌汁でも感じますが、

出汁感が薄いような気がします。

お国柄でしょうかね。



三番目は郡山へ遠征です。

いやーまるでラーメンブログみたいですね(爆)

支那そば正月屋。

ラーメンウォーカー福島の写真がとにかく美味しそうだったので。

開店前に到着し一番乗り。

1106正月屋

でもサーブする人が持って来る順番を間違えたのか、

ちょっと時間がたって、

自慢の顔が少しくたびれちゃいましたが...(笑)

1106正月屋の支那そば

スープを一口。

うーん、鶏!ですね。

でも期待が高すぎたせいか、

思っていたほど感動しなかったかな。

伊達鶏の滋味あふれる...てのは、

伊達屋のお楽しみになるのかな。


ということで、

福島のラーメンは、

醤油の勝ったピロピロ麺の、

昔懐かしいラーメンが多いんですね。



あー!

とんこつ喰いてー!!

福島のラーメン そのいち

2011-07-03 | 19:06

静岡と福島、

行ったり来たりの生活をしています。

東北は今まで殆ど訪れたこともなかったので、

珍しこと、感心することが多いですね。

例によって行動範囲はと~っても狭いですが、

地元の人に教わった美味しいラーメン屋さんを紹介します。


まずは、“らーめん好房”

須賀川市のはずれ、

辺りには田園風景が広がるようなところにあります。

1106らーめん好房

2回行列に挫折して食べれず、

3度目の正直はシャッター狙い!

11時開店ですが、

5分前位に着くともう営業は始まってました。

何とかぎりぎり車を置いてカウンターに座り、

カンバンの好房らーめんを注文。

550円+味玉50円

スバラシイ!

店内は普通にラーメンの好きな家族連れで賑わっています。

皆さんくつろいだ雰囲気で、回転はあまり良くないですね。

さてラーメンはこんな顔。

1106好房らーめん

チャーシューは4枚とたっぷりで、背脂適宜。

出汁はとんこつと魚介系かな。

麺もパツパツしたストレート細麺で、

ピロピロの平打ち麺が多いこの辺にしては珍しい。

1106好房らーめん2

一元に近いものがありちょっと懐かしくなりました。

これが煮卵付きで600円は有り難いですね。

美味しかったです。



そしてもう1軒はかまや食堂

1106かまや食堂

福島県は須賀川市で昔から地元に愛されている雰囲気一杯(笑)

ここは震災の影響で今は仮住まいなんでしょうね。

11時開店とあったので5分ほど前に着くと、

既にお店は開いています。

「準備中」の表示はそのままだけどね。

福島の人はおおらかです。(笑)

店内に入っても「いらっしゃい」もなく放置プレイ。(爆)

仕方なく厨房をのぞいて「中華そばちょーだい」とうと、

「はいよ」

これがこの店のルールみたい。

1106かまやお品書き

味玉も評判ですが夏はやってません。

さて、来ましたよ。

1106かまやの中華そば

魚介系のいー香りの中、ゆずの香りがふんわり漂い、

食欲をそそります。

これは蕎麦屋の手法?

見た目はインスタントラーメンみたいですね。

ではいただきます。

1106かまやの中華そば2

スープを一口。

うーん、えぐい!(爆)

でもうまい!!

麺も固めでしっかりうまい。

こりゃいいわ。

ということであっという間に完食。

1106かまや完食

今まで食べたことのないウマさでした。


なお両店とも、

大崎さんが紹介されていました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。