スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大龍勢

2011-09-24 | 17:50

今年もやってまいりました

草薙神社秋季例大祭

そして同日に打ち上げられている大龍勢

昼間は煙や布などを空中に漂わせ、

夜は光で合図しあったと言われており、

その情景から昼狼煙を「龍勢」夜狼煙を「流星」と呼ばれているそうな


地元住民にとっては正しく一大イベント

管理人も龍勢を見ると、

「ああ、今年も秋が来たな」と実感するんですよね。

さて、

今年は参道の木遣り道中に同行し、

御献発前のお祓いを見学して

お祓い

その後開会式を素見していたら、

乾杯の升酒にありつく事が出来ました

乾杯

幸先いいですね

そんなこんなで口上も始まり、

五穀豊穣、

家内安全、

商売繁盛を祈願して、

今年も白き龍が天高く舞い上がりました

発射

これは凄い勢いだ

まだまだ登る

まだまだ登って行きそうな勢いをのこして

炸裂

炸裂

これが何段階にもわたり、

色々な色の狼煙が描かれます

大成功2

いつ見ても見事です


さて、

しばらく見た後いったん家で休息し、夜の部へ

ビールや日本酒など思い思いに持ち込んで、

広場で飲んだり食べたりしゃべったりしながら

流星とそれに続く打ち上げ花火を堪能しました

打ち上げ数を誇る花火大会は県内でも多数行われていますが、

一発いっぱつに込められた願いや思いが伝わって来て、

味わい深さたるや格別ですね

地元にこのような花火大会があるのは本当に有り難い事です

今年も真白き龍の姿を拝む事が出来、

涼風の中おいしいお酒も飲めて、

めでたしめでたし。











スポンサーサイト

ポケットWifi

2011-09-22 | 20:25

契約しちゃいました。

ぼちぼちスマートフォンもいいかなと思ったのだけど、

いろいろ悩んだ挙句、

これまで通り電話とメールは携帯で、

ネットはipodでと“ダブル電池”を選択。

これで「○○なう」ができるようになる...かな

郡山の夜

2011-09-21 | 20:06

とある事情で夕食と風呂を外で済ませることになりました。

さあどうしよう。

なんたって福島県は温泉天国

スーパー銭湯も温泉だったりします。

とりあえず着替えをバッグに詰めて、

郡山に向かいました。

まずは晩ご飯。

やっぱりあそこだな

そう「太陽(たいやん)」です。

何を食べるのかって?

四川ですから!

1109マーボー丼

タンタン麺(太陽麺)を食べながら、

これ食べたいなって思っていた麻婆豆腐

予想通り、

自分のイメージにドンピシャ!

これが麻婆豆腐です。

1109マーボー丼2

今回も大変美味しゅうございました。

やっぱ「太陽」はいい!


その後立ち寄ったお風呂も良かったですよ。

1109バーデン温泉

1時間400円ですが、

源泉かけ流しのお湯。

美味しいマーボー丼と温泉で、

郡山の夜は更けていきましたとさ。




味玉ラーメン@横浜ラーメンとんこつ家 郡山店

2011-09-20 | 20:38

松壱家でちょっとだけ欲求不満

その原因を探るべく、

横浜へ行きたいけどそうも行かないので、

郡山の「とんこつ家」へ

1109とんこつ家かんばん


食べログによるとかの壱六家の系列とか

これは期待が高まりますね。

注文したのは味玉ラーメン 750円+ライス 50円

さあ来ましたよ!

1109とんこつ家

そういえばウズラの卵が見えませんね。

今はやってないのかな。

何はともあれ、

いただきまーす!

1109とんこつ家4

うん、これこれ

トンコツのクリーミーさとチー油の香りが相まって、

まぎれもなく家系の味です。

さすれば当然、

こんなことや、

1109とんこつ家2

こんなことしたくなりますよね(爆)

1109とんこつ家3

とんこつと家系は、また別物なんでした。

両方とも時々補給が必要ですね。

満足しました。

豚骨醤油@松壱家

2011-09-19 | 20:25

9月のとある週末。

帰省したはいいが昼間は妻も子供も留守。

久し振りにハリ治療を受けてスッキリすると、ぼちぼちお昼です。

さてどこ行こう...

そうだなー最近トンコツ食べてないし、

そうだ、松壱家に行こう!ということで焼津へ。

1109松壱家

とんこつ醤油+味玉を注文。

1109松壱家豚骨醤油

安心して食べられる美味しとんこつですね。

1109松壱家豚骨醤油2

でも何かが足りないような...

それはここのラーメンの出来ではなく、

自分の欲求とのマッチング具合なのでしょうね。

環境の変化が大きい中、

今自分はどんなラーメンを欲しているのだろう...

ラーメン道もなかなか深い!?


帰りは大崩れ海岸沿いを走りました。

静岡は日差しが明るくていいですね。

三保で育ったせいか、

やはり太平洋はいいなー

太陽麺@太陽

2011-09-18 | 22:47

タンタン麺を初めて食べたのはもうかれこれ30年ほど前。

友人に誘われ池袋のとあるホテルのレストランで食べたそれは、

ゴマの風味とコクが効いていて、

甘じょっぱく味つけたひき肉の味噌炒めとホウレンソウが乗っていた。

甘さ、辛さ、コクのバランスが絶妙で、

珍しさも手伝って随分と印象深かったのを覚えています。


さて、

時代は流れて日本全国ラーメンブーム

タンタン麺は、

トンコツとともに比較的どこでも食べられるようになりましたね。

でも何だかどれもなじめない...

そんな折、

ラーメンWalkerを見ていてふと目に留まったのが、

郡山にある“太陽(たいやん)”のタンタン麺

その名も“太陽麺”

調べてみると、

かの陳建民に師事し、

郡山に四川料理を知らしめた老舗だそうな。

これは行くしかないですね!

国道4号線を北上し、うねめ通りを左折して少し行ったところ、

通りから左へ1本入ったところにお店はありました。

このあたりは地震の被害も大きかったと思われますが、

元気に営業しています。

1109太陽


明るく世話好きそうなおかあさんに、太陽麺という名のタンタン麺を注文。

さあ、来ましたよ!

1109太陽麺

これこれ!

このルックスです。

早速いただきましょう。

1109太陽麺2

うん、うまい!

コクがあって甘さも辛さも丁度いいじゃないですか。

肉味噌もホウレンソウもいい味出しています。

思ったよりオレンジ色が弱かったですが、

どうやら初めてなので辛みを抑えてくれたみたい。


やられたなー

うまいなー

思い出の味に再会できたのも嬉しいなー


再訪確実。

次は当然、

「あれ」ですね。


お店の情報は食べログ



会津へ

2011-09-04 | 22:24

久し振りに、

会津へ出かけて来ました。

今回も猪苗代湖の南から南西沿いを上り、

1109馬尾の滝

広大な蕎麦畑に驚きながら、

1109蕎麦の花

背あぶり高原を越えて、

1109背あぶり高原

東山温泉を抜け、

1109東山温泉

会津の街に着きました。

会津は道が狭くて入り組んでおり、

蔵など古い建物も多いですね。

金沢とか小布施とかを連想させる味わい深い街並みですが、

余所者が車で走るにはちょっと大変(笑)

ということで今回は車を置いて、

七日町通りを散策しました。

末廣酒造をひやかしたりしながら...

1109末廣酒造

七日町駅まで。

1109七日町駅

日曜日の観光地としてはちょっと観光客が少ないですね。

でも生涯学習センターなどを覗いてみると、

いろいろな発表会の場があって、

図書館も含め、

会津人の熱気に溢れ返っていました。


さて、

お腹が空いてきました。

お昼にしましょうか。

前回の牛乳屋に続いて選んだ会津ラーメンのお店は、

「ふじ乃」です。

1109ふじ乃

暖簾をくぐると、

店内は待ちも出ている賑わいです。

何とかカウンターに案内されましたが、

ワンタン麺を注文してから、

出てくるまでかなり待ちました。

「一杯一杯丁寧に作っております。

お出しするまでお時間がかかりますが...」

といった貼紙がしてありました。


さあ、ようやく来ましたよ!

1109ふじ乃のワンタン麺

いいですねー

何かホッとするルックスです。

ワンタンたっぷり!

しかも半玉ついて700円とは、管理人的には完璧です。


さあ、いただきましょう!

1109ふじ乃の麺

うん、

細かいことはよく判りませんが、

丁寧に作られているのがよくわかる、温かいラーメンです。

この辺りは冬の寒さが厳しせいか脂が多いですが、

豚骨の旨味が効いていて。

麺ももちもちで腰も強く、

しかも舌触りがいいですね~

これは美味しいや。

一杯のラーメンで何だかとても幸せな気分になりました。


会津には独特の文化があります。

距離的には郡山から50km程度ですが、

景色も雰囲気もまるで違い、

観光気分も味わえるし。


次は猪苗代の蕎麦だな。



食習慣とラーメンと...

2011-09-04 | 00:18

食べ物の地方色について、

また日常の食卓について、

いろいろと考えさせられている管理人です。


この週末は何しようって思い浮かばず、

とりあえず白河へ向かいました。

国道4号が通勤時間帯は込み合うことが判明したので、

裏道を探しながら。

勿論ラーメンのことも忘れちゃいませんよ!


ところで福島に来てから、

静岡に比べ出汁感の薄いスープや味噌汁、

昔懐かしのオンパレードのラーメンに悩まされっぱなし。

ラーメンはまだ選びようがありますが、

三度三度の食事が、

自分の体と生活に馴染んだものとかけ離れているのは、

美味しいとか不味いとかいうのではなく、

ものすごいストレスになるものですね。

鰹をおごった蕎麦やいつものんでた豆腐の味噌汁、

納豆乗せた冷奴とかマカロニサラダとかひじきの煮物とかヒレカツとかトマトの効いたカレーとか...

要するにウチの食事がしたい!

わがままでしょうか(笑)


さて話は横道にそれてしまいましたが、

お昼は評判の「火風鼎」へ。

1109火風鼎

12時半頃で5人ほど待っています。

その後も客足は途絶えず、

人気の程が伺えますね。

10分ほどでカウンターに案内され、

そこから15分ほどでラーメンが出て来ました。

煮卵トッピングで550円+100円=650円

1109火風鼎ラーメン

スモーキーなチャーシューに、

雑味のない鶏豚中心のまろやかなスープ。

麺はいかにも手打ち然としていて、

チュルチュルというよりちょっと表面がざらついた感じ。

よくできた一杯だと思いま。

特にチャーシューは印象に残りましたが、

とくに麺は好みが分かれそうです。

しかし人気店としては、

その接客も味もラーメンのルックスも、

いま一歩ボヤけた店の雰囲気そのままで、

管理人的には満足しちゃいました。


このところ「とら食堂」の、

あのキリっとした一杯をもう一度食べてみたくて、

困っています。

素直に食べに行けばいいのですが、

他にまだ食べていないお店も多いし、

いろいろ試してからなんて思ってしまうのは何故でしょうね。



これまでのベスト3(順不同)

とら食堂・・・・・・完成度の高い端正な一杯!

かまや食堂・・・・五臓六腑に沁み渡る!

らーめん好房・・・管理人のDNAに訴えるラーメン!



自分のラーメンの好みと、

福島はピロピロ麺に昔懐かし味のスープなのだという前提と、

どうバランスさせたらよいのでしょう。

通りすがりの食べ歩きではなく、

そこに生活するとなると話は違うものですね。


ただこちらは、

ラーメンよりも蕎麦食いの文化に歴史を感じるので、

秋以降の新展開に期待を膨らませつつ...







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。