もちもちの木

2012-03-31 | 16:48

鰹だし香る熱々醤油スープで有名な人気店

もちもちの木白岡本店へ、

満を持して突撃してきました。

明星のカップ麺、

「地域の名店シリーズ」も出ている人気店です。

1203地域の名店シリーズ

東北道を久喜で降り、

県道三号線を東京方面に向かう道の西側

暗いので通り過ぎちゃいました(笑)


さあ、着きましたよ!

随分とオサレな建物ですね。

1203もちもちの木外観

蔵造りの様な店内に入ると、中待ち5人。

でもさすがは人気店ですね

オペレーションが練れており、5分ほどで案内されました。

照明がアンダーでバーの店内みたいですが、

1203もちもちの木内装

空間としてはとてもゆったり配置されていますね。


さあ、

このカウンターに供されるラーメンや如何!

1203もちもちの木グラス


「お待たせしました」と運ばれてきましたよ。

中華そば(小)麺一玉に煮玉子トッピング。

「熱いので気を付けてください」という言葉は添えられないんですね。


湯気の気配はありません(笑)

1203もちもちの木中華そば(

熱いと聞いていたので恐る恐るスープを飲みます。

うーん、熱い(爆)

かなりフーフーしたのに冷めませんねぇ

「モル沸点上昇」という言葉が頭の中をぐるぐる...

このスープは“オイリー”ではなく、オイルそのものです。


麺を持ちあげてみると、

1203もちもちの木いただきま

おお~、湯気が(爆)

動物系の出汁に鰹が効いて、

麺も、

穂先メンマも、

きっと美味しいんだろうな~


味、わかりません(爆)

しかも最後まで熱々のラーメンだって。

てことは、最後まで味わかんないぢゃないの。


麺をずるずるっとすすり、

どんぶりを両手で持ってずずっとスープをすすり、

ぷはー!

なんて楽しみが全くスポイルされ、

ちみちみ麺を食べ、

ちみちみスープを飲んで、

終了しました。

口の中ベロベロ...


このところ鰹に拘ったラーメンを追い求めて来ましたが、

この位にしておきます(笑)


スポンサーサイト

春木屋 郡山分店

2012-03-30 | 20:35

煮干しの効いた中華そばで有名な

郡山の人気店

春木屋 郡山分店に行ってきました。

今回は“しお中華そば”狙いです。

12時少し前なので、

店の通りをはさんだ向かい側の駐車場の、

残り一台に何とか車を置けました。

お店に入ると元気よく迎えられ、

少し待ってカウンターへと案内されました。

1203春木屋メニュー

しお中華そばに煮卵トッピングを注文して、

心静かに待ちましょう。


程なくしてやってきましたよ。

うん、いいかおり。

1203しお中華

ではさっそくいただきましょう。

1203しお中華いただきます

麺に注文つけるの忘れたので、

これはデフォルトの中太ちぢれ麺ですね。

細ストレートも選べるようです。

この中太ちぢれ麺にもいつのまにか慣れました(笑)

ここのはしっかりした歯ごたえで美味しいですね。

そしてスープは、

もうわかりやすい「しお中華そば」そのものという味です。

こくがあって塩加減もいいですね~

散りばめられたゴマがいいアクセントになっています。


しおといい、しょうゆといい、

とっても分かりやすい美味しさで好感持てます。

しょうゆのほうが印象が強かったのは、

個人的な好みの問題でしょうね。

ごちそうさま。

1203春木屋看板

食べ終えてお店を出る頃には、

お店の外まで行列ができてました。

ぐりんぱ

2012-03-29 | 22:10

春分の日のこと

富士山麓にある遊園地“ぐりんぱ”へ行ってきました。

子供がスケートをやりたいと言っていたので、

最終日ですが突撃です。

“ぐりんぱ”は旧“日本ランド”

昭和に育った静岡県民にはおなじみではないでしょうか。

訪れるのは30年ぶりくらいかな。

やはり学生時代にスケートをして以来になります。

“ぐりんぱ”はすぐ近くに、

富士急ハイランド、富士山こどもの国、サファリパークがあり、

その位置づけが何ともぼやけてしまっているようですね。

でもスケートと言えばここなんですよね。


入口はそり遊びに来た親子連れで賑わっていました。

スケートリンクはと言うと、

往時の1/4程度でしょうか。

しかも運営期間ぎりぎり(最終日?)のせいか氷は既にかき氷状態で、

表面をならしてくれるのですが、すぐザクザクになりますね。

まあそんな中でも、

子供達は転びまくりながら楽しんでおりました。


ひとしきり滑ってお昼を済ませた後は、

ピカソのタマゴというアスレチックへ子供達を放牧

アスレチックと迷路とスタンプラリーが合わさったようなアトラクションで、

結構夢中になっておりました。

しかし付き添いにとっては厳しい寒さでしたね。

1203ぐりんぱ

陽射しがあったのが唯一の救いですが、

冷たい風が吹きまくり(笑)

手袋、帽子、ネックウォーマー、イヤマフなどはマストでしたね。

(一つも持ってかなかった...)


なんだかあちこちにほころびが目立ち、

昭和まっただ中に育ったオヤジとしては寂しい限りですが、

なんとかぐりんぱとしての位置づけを見出して、

頑張ってほしいですね。

1203ぐりんぱ2

なんたってこのロケーションは圧巻ですから。


さて、

あまりにさぶい思いをしたので、

帰りは富士の田ぶしでラーメン食べて、

1203田ぶし

帰りましたとさ。

めでたし




清見そば 登呂支店

2012-03-28 | 21:53

お天気にも恵まれて、

のんびりとお墓参りを済ませたあと、

お昼に登呂の「清見そば」へ。

かつ丼と麺のセットがあるので、

うどん、そば、ラーメンの中からラーメンを選択。

こんな感じに整いました。

1203きよみのかつ丼セット

ここのかつ丼は胡椒が効いています。

ラーメンは初めて食べましたが、

1203きよみのラーメン

所謂“蕎麦屋のラーメン”とはちがって、

節系の出汁ではないですね。

管理人が「おっ」と感じるということは、とんこつでしょうか。

もう一度ラーメン食べに来ようかな。

白ビール

2012-03-27 | 21:50

銀河高原ビールの新作でしょうか。

帰りがけ、

サークルKで発見しました。

1203銀河高原白ビール


ビールって体を冷やす飲み物ですが、

銀河高原のは何とも体に優しく、

酵母の旨味が溢れているんですよね。

白ビールも例にもれず、

優しく美味しいビールでした。

検定試験

2012-03-26 | 21:26

久し振りに検定試験を受けました。

その名も「品質管理検定」

QC検定とも呼ばれています。

この年で受ける種類のものでもないんですけどね。

ということで3月18日の日曜日、

これまた久し振りの静岡商工会議所へ。

検定試験と言えば、

簿記とかカラーコーディネーターとか受けた時期がありました。

白状しますと、

管理人はなぜか検定受けるの大好きなんです。


QC検定はどんなものかと言いますと、

“PDCA”だの“後工程はお客様”だの、

“標準化”だの“しーぴーけー”だのといった、

とにかく全身の毛が逆立つような言葉が飛び交う世界。

ゆえに参考書を開くと3秒で寝てしまう(まさに秒殺)


今回は問題集を一回何とか解いてみただけで臨みました。

何となく日頃仕事中によく目にする言葉が多いので、

まあ答えに窮するというわけではないのですが、

何しろその手法は数学の中で最も嫌いな統計

データを収集し管理図を作成して、行程能力を管理するなんて...

私は何でこんな仕事をしているんだろう(爆)


でも、

最も向いていないことをこの歳で、

しかも遠い異国の地でやっているのも、

きっと何か意味があるんだよね。


きっと、いやなことや苦手なことから逃げてると、

めぐりめぐっていつか降りかかってくるんだろうね。


何はともあれ、

お父ちゃんは頑張るよ!


現場と管理者

2012-03-25 | 20:40

NHK BS1のプロジェクトWISDOM

「世界が問う、福島第一原発事故」という番組を見て思ったこと。

済みません、酔っ払いの独り言なので、

おつきあいしてくださる方だけ続きをお願いします。





何で今頃という気がしてなりません。

事故対応に当たった現場の作業員の頑張りは、

想像を絶するほどに大変なものだったと思われます。

それに引き換え管理者と管理する仕組みが、

荒っぽく言うと、まるでなってなかったということなんですよね。


しっかりしなければならないのは実は管理者なのに、

自分たちの間抜けさを現場にすり替えて、

現場を締めあげているだけじゃないのかな。

この国の構造的な問題点が、

はからずも浮き彫りにされているというのに...


現場で頑張る人員を減らして、

働かない管理者の保身には手をつけられない。


公務員数を削減するのではなく、

天下りを減らそうよ。

湧登

2012-03-24 | 21:26

お彼岸の中日に合わせてお休みをいただき、

土曜の夜に帰静。

金曜日じゃないから大丈夫だろうと、

ちょいと寄り道してみました。

静岡駅南にある鉄板焼きダイニング“湧登”

何度か金曜の帰りがけにのぞいたんですが、

いつも一杯で入れなかった人気店です。

今回は席をみつけることができました(笑)

何と昨年5月の湧登祭り以来だ...


とりあえずビール。

富士宮の地ビール。

ばかうま!

豆腐のサラダをつまみに店主とぼちぼちおしゃべりしながら、

お次は話題のワインを赤で。

「写真撮る?」と言われてはたと我に帰った管理人。

ということでここから写真あり(笑)

1203赤ワイン

輸入ワインと明らかに違いますね。

何が違うのかよく判らないけど、

ワインの味がダイレクトに感じられ新鮮です。

自分の住むこの国土でつくられた、体に馴染む感じが、

スイスイ入って行きます。

美味しいです。

危険です(爆)

おつまみは鶏のバジルソース炒め。

1204鶏のバジル炒め

鶏の味が濃厚でバジルソースとよくからみ、

これまたウマいね。

富士宮の地ビールの話、

山梨のワインの話、

はしご酒の話など聞きながら、

しめのラーメン、じゃなかったカープ焼き。

1203カープ焼き

鉄板焼きダイニングの鉄板ですね。

そして仕上げの一杯に、

おまかせで選んでもらった開運。

1203開運

これまたふくよかだけど切れがあって旨いや。


ただ久し振りだったせいも手伝って、

飲みものとおつまみのマッチングを間違えてしまった。

カープ焼きはおもかった...

(アタリマエダヨネ)

(デモ“ヒロシマヤキ”モタベタカッタンダヨぉぉぉ)

店主が気を使ってくれて、

開運にあうつまみをちょこちょこ出してくれました。

何だか我儘でとんまな注文をしてしまった。

こんどはおまかせにしよう。


やまちゃん、

ごちそうさまでした。


そんなこんなで3連休へ






麻婆豆腐ランチ@太陽

2012-03-13 | 23:41

お気に入りの太陽(“たいやん”と読みます)で、

麻婆豆腐ランチをいただいてきました。

1203太陽入口

陳健民の下で修業を積み、本格四川料理を広めた郡山の名店。

担々麺も麻婆豆腐も、

丁寧でとても懐かしい味わいなんですよ。

今日はランチ

1203太陽ランチメニュー

いろいろ食べてみたいのですが、

やっぱり麻婆豆腐になっちゃうマーボー星人の管理人です。(笑)

サービスのジャスミン茶をいただきながら待ちましょう。

1203ジャスミン茶

因みにコーヒーもサービスです。

なんて言っている間に、

さあ、整いましたよ。

1203マーボー豆腐

早速いただきましょう!


うん、

相変わらず美味しい。

1203マーボードウフ

黒いのはドウチですね、

味に深みが加わります。

つけあわせのザーサイも、

デザートの杏仁豆腐も、いいね。

あっという間に平らげて、

サービスのコーヒーもいただいて、

お勘定してこのお店を出る時は、

いつも「美味しかったよ」の言葉が自然と出て来ます。

今日も嬉しい“太陽”でした。

1203太陽

お店の情報はこちらから

とんかつのあさ川

2012-03-12 | 07:54

須賀川でとんかつと言えば、

あさ川さんの名前があがります。

朝からとんかつ気分だったある休日の夜、

突撃してみました。


おしゃれな建物です。

1203あさ川

すかがわ建築賞というものを受賞されたようですね。

さっそく店内へ入りましょう。

「いらっしゃいませー」

きびきびしたなかにも笑顔あふれる対応がとてもい感じです。

天井も高くて開放感があり、

よく手入れされて清潔感が漂ってます。


さて、

管理人的には不思議と迷った挙句、

ロースカツ定食を注文。

こんな感じに整いました。

1203あさ川ロースかつ

では早速いただきましょう!

1203あさ川ロース

うん、

やっぱりトンカツはうまいやね。

お値段も1,150円と随分リーズナブルです。


お座敷ではめでたいことがあったようで、

大家族がお祝いをしています。

とんかつはやっぱハレの日のごちそうですね。


管理人はヒレの香りが大好きです。

とんこつのあの匂いに通じるものがあると思うんですけどね。


いずれにしても豚が大好きなことを再確認した管理人でした。

ごちそうさま。



3月11日

2012-03-11 | 22:13

読売新聞の一面に、

編集手帳として掲載されていた言葉。

時は流れない。雪のように降り積もる。

人は優しくなったか。賢くなったか。


被災地では「あの震災」ではなく、

今なお「この震災」なのだ。

あの日以来時は流れていない。雪のように降り積もっている。

一年という時間が発する問いは二つ。

人は優しくなったか。

賢くなったか。

雪降ろしをしないと屋根がもたないように、

降り積もった時間の「時おろし」をしないと、

日本がもたない。



とても印象的だったので、

断片的ですが、その言葉を引用させていただきました。



テレビでは相変わらずどこも同じ論調で、

絆だの復興だの薄っぺらい言葉を垂れ流している。



試練はこれからかもしれない。


かまや食堂

2012-03-11 | 21:45

鰹シリーズと銘打って、

行くぞ行くぞと騒いでしまったかまや食堂。

4か月の休業を経て復活した須賀川の人気店。

鰹の効いたラーメンをもう一度確かめに行ってきました。

店は例によって繁盛しており、

入店後少し待たされておりましたが、

目の前で後から来た常連と思しき人を席へ案内しているので、

「こっちが先だよ」と抗議するも、承知の上のようですね。

こちらには「少しお待ちください」というばかりでした。


ということで、

味わえませんでした(爆)

復活後随分味が変わってしまった気がしたのですが、

真偽の程は確かめられず。

でももういいや。

私の中で大好きだったかまやの中華そばは、

思い出の中に永遠に閉じ込められましたとさ。

まさに“まぼろしの一杯”ですね。


さあ、次は“もちもちの木”だ!



あなぐら

2012-03-11 | 00:14

ちょっとラーメンから頭が離れておりましたが、

実は管理人の頭の中には、

密かに二つのテーマがありまして(笑)

ひとつは「もう一度食べたいラーメン@福島」

もう一つは「鰹の効いたラーメンとは如何」

福島でもう一度食べたいラーメン(行きたいラーメン屋)といえば、

前回も書いたかまや食堂

春木屋郡山分店で塩にぼし。

そして鰹の効いたラーメンは、またまた登場かまや食堂

郡山のあなぐら

そして埼玉にある(福島にも支店があります)もちもちの木。

さて、3月に入ったとある土曜日。

ちょいと用事があって郡山に出かけました。

目的地は“夢のデパート”うすい百貨店です。

1203夢のデパート

久し振りの郡山なので、

お昼にラーメンを食べようと思い、

候補に挙がったのが、

「もう一度シリーズ」の春木屋と、「鰹シリーズ」のあなぐら。

何となく春木屋優勢だったのですが、

車を置いて「うすい」に歩いて行く途中にある「あなぐら」

あら、暖簾がかかっている。

そしてどうやら“おいでおいで”しているみたい。

一度通り過ぎたのですが、

Uターンして暖簾をくぐっちゃいました(笑)

1203あなぐらの暖簾   1203あなぐらの看板

ここは呑み屋さんで、

〆のラーメンが評判になり昼のラーメン営業を始めたとか。

メニューはこんな感じでいろいろありますね。

1203あなぐらメニュー

迷わず「あぶり」を細麺で注文。

程なく運ばれてきました、あぶり

1203あぶりがつお

うーん、飾りっ気が無いですね(笑)

まずはスープから。

うん、かつおだ。

わかりやすくて、美味しい。

蕎麦好きにはぴったりですね。

これにゆずの香りが効くと申し分ないかな。

では麺をいただきましょう。

1203あぶりがつおいただきま

細麺とはいえやはり加水率が高く縮れているのはお約束ですね。

意外と言っては失礼ですが固めでゆで加減もよかったです。

トッピングはねぎ、メンマ、のり、お麩、

そしてチャーシューではなく角煮の様な良く煮込まれた肉。

ちょっと味が単調で、食べ進んて行くうちに飽きてきてしまいがち。

ラーメン単独で見ると練れていない印象を受けますが、

飲み屋で〆のラーメンにこれが出てきたら嬉しいですね。

節粉でかつおを効かせるのではなく、

脂で旨味を乗せるのでもない。

きちんと出汁をひいた感じは好感度大です。

がんばって進化して欲しいラーメンでした。



鰹シリーズはもう一度“かまや食堂”と、未食の“もちもちの木

もう一度行きたいシリーズは春木屋@郡山ふじ乃@会津かな


勿論他にも行きたい店は沢山あるのですが、

管理人のようにラーメンを遠くまで食べに行くことは滅多にない人間にとって、

ということで。




かまや食堂

2012-03-09 | 20:23

昨年9月から休業していて、

漸く今年の1月に復活した「かまや食堂」

1202かまや食堂


えぐい位に鰹が効いて、

逆に箸が止まらない不思議な魅力をたたえた中華そば。

一度食べて感動し、

また食べたいなと思っていたら休業しちゃっていたのでした。

さて、

久し振りに訪問して、

念願の中華そば煮卵トッピングを注文します。

程なくしてやってきましたよ~

1202かまや食堂中華そば

煮卵は夏場はやっていないので初対面。

では早速、

いただきまーす!

1202かまや食堂いただきます

あれ、

あれあれ、

なんか違うぞ...

あの生ぐさいともいえるような鰹の効き方がない。

麺も、

チャーシューも、

スープも、

そして煮卵もうまいんだけど、

なんか拍子抜け。

随分大人しくなっちゃった感じです。

うーん、、、

完全復活までにはもう少しかかるのかな。

それとも味を変えたのかな。


しばらくしたらまた行ってみよう!

オイル交換

2012-03-07 | 20:11

中古車を買って半年、

8,000km程でオイルの警告灯がついた。

なるほど、オイルがかなり減っていたので、

ディーラーでオイルを交換しました。

そして4カ月。

6,000kmほど走ってまた警告灯がついた。

2ストかよ!って思いながらディーラーに持ち込むと、

オイル交換が遅れたためにどこかが詰まってオイルが回らず、

そのまま燃えてしまっているので減りが早いとの見解。

管理人がマメにオイル交換しないから壊れかけていると...

車についてのディーラーの対応がこのところ「?」なことばかりです。

もうメーカー変えようかな。

相当イヤになってます。

帰りに立ち寄った壱六家

2012-03-05 | 01:11

例によって静岡へ帰る週末。

スタートは、雪

1203始まりは雪

高速を矢板まで走る間、

吹雪いてました。

ずーっとワープしているみたいでメチャクチャ疲れます。

降りたあたりから雨に変わり一安心。

新4号バイパスを走り、

古河を過ぎたあたりで右へ折れて久喜を経由し桶川へ。

今回のお目当ては、

静岡へ帰る途中の「家系補給」

立ち寄った先はここ

1203壱六家

もうずいぶん前に大船で食べてファンになった壱六家さんです。

ふつうのラーメンの食券を買って、すべてデフォで注文。

程なくして来ましたよ!

1203壱六家しょうゆ

いい香りです。

が、

見た目が雑で、どんぶりの右側に汚れもついてます。

うーん、いやな予感...


でもまあ気を取り直していただきますってーと、

鶏も豚もしっかり効いていて、しかも“くり~み~”

うん、家系らしい味でいいですね。


しかしやはり脂がとってもきつい。

どんぶりもべたべたです。

以前大船で食べた時にはもっと清潔感があり、

ラーメンもまろやかで脂も程々だった記憶があるのですが、

今回はのそれはかなり雑で暴力的なイメージを受けました。

歳のせいもあるのかな。


その後、桶川北本から圏央道に乗り、

中央道経由で河口湖へ。

河口湖周辺はものすごい霧で、

これまた運転しづらいこと。

めげずに人穴経由で山の中を走る。

道端で鹿が水飲んでたり、

たぬきがウロウロしていたり...

柚野から芝川を経由して国道52号に出て、

すごい近道をしたつもりだったのだけど、

家に着いたのは1時近かった。

何してんだかね。


翌日は腹痛と疲れで昼前まで寝てました。

やれやれ

家系は「脂少なめ」にしよう。



ザ・ロイヤル・ビター

2012-03-02 | 20:35

たまたま近所のサークルKで見つけた、

サントリーの限定醸造

1202ロイヤルビター

アルコール高めで濃い味なのは、

秋から冬にかけてよく出されるような気がするんですが...


これがなかなか香ばしくてウマかったです。


買った時には最後の1本だったけど、

まだどこかで買えるのかな。