ひこ星

2012-06-30 | 22:29

今日はふらりと県東部へ。

何処に行こうか散々迷ったのですが、

七夕も間近ということでこちらへ。

1207ひこ星本店

沼津市は片浜駅のそばにあるひこ星です。

中華そば(700円)と味付玉子(100円)の食券買ってカウンターへ。

静岡はトンコツの新店ラッシュのようですが、

最近トンコツ食べてなかった...

あの有名な六厘舎にも行ったことないし、

評判も高いようなので期待が高まります。

程なくして来ましたよ~

1207ひこ星中華そば

ナルトがかわいいですね。

では早速いただきまーす!

1207ひこ星いただきます

粘度の高いとんこつに節粉がきいてますね。

でもとんこつのクリーミーな甘さよりしょっぱさが前に来て、

意外にコショウも効いてます。

勝手に膨らませていた妄想とはちょっと違いましたが、

こってりでもあと口スッキリで、

美味しい魚介トンコツでした。


折角東部に来たのだからちょっとお散歩。

まずは中央亭で餃子を買おうかと思ったら、

既に持ち帰りは終了していた...

気を取り直して港に向かうがメチャ混み。

仕方ないのであんパン専門店「恵比」であんパンを買って、

帰りましたとさ。

1207あんぱん

1207あんぱん2

帰りがけに蒲原の釣り場を覗いてみると、

空いてますね。

1208蒲原

潮時が悪かったのかな。

それとも今あまり釣れてないのかな。

パールピンクの女王様に会いたいね。

スポンサーサイト

さくらんぼ狩り

2012-06-25 | 23:11

6月23日の土曜日のこと。

お昼は「真っ赤なトマトのひんやりらあめん」に舌鼓

晩ご飯は近くの鰻屋さんで蒲焼を買い込んでうな重。

すっかり満足して家族でまったりしていると、

子供が突然「さくらんぼ食べたい!」と言いだした。

それに乗った妻が「明日さくらんぼ狩り行っちゃう!?」

おいおい、もう6月も終盤だよおまいさん。

それに5月から「今年のさくらんぼ狩りはどうすんだい?」って、

こちとら散々確認してたじゃないかい。


でもそんなのどこ吹く風。

わが家の女衆は常に今を生きております(爆)

ということでとりあえず朝から山梨に向かって車を走らせました。

道中いつもの農園さんに電話をすると、

「今日の午前中までやってるよ」だって。

ぎりぎりもぎりぎりですね。

窓を開けて気持ちのよい風を感じながら緑の中を快調にとばし、

10時半頃南アルプス市にある農園に到着。

早速中に入るとサクランボは十分残っておりました。

1206さくらんぼ

久し振りのご対面。

相変わらず美しいですね~

定番のみよしに高砂、

甘みの濃い佐藤錦、

他にも紅秀峰、ススム、富士あかね、さくら姫、花駒など盛りだくさん。

さすがに山形美人はもう残りわずかでしたが、

1206山形美人

それでもなんとかキュートな姿を写真に収め、

酸味の効いた爽やかな味を堪能できました。


6月は“びわ”に“さくらんぼ”に“長田の桃”とフルーツてんこ盛り。

今年は由比のびわを買いに行けませんでしたが、

何とか2勝1敗で勝ち越せたかな。

幸せなことですね。

よし、

次はメロンを開拓しよう(笑)



ちっきん

2012-06-23 | 21:36

いえね、

こちらの記事を拝見してからというもの、

行きたくて仕方なかったんですよ。

ふじえだの“ちっきん”

このところ土曜日は、

子供の運動会や歯医者や仕事や何やかんやで大忙し。

今日も歯医者だったんですが思いのほか早く終わったので、

急遽藤枝へ。

この方の記事がトリガーになりました(笑)

さあ、着きましたよ。

1206ちっきん

車を置いてカウンターに着き、

注文は勿論

“真っ赤なトマトのひんやりらあめん”

程なくして、登場!

1206ちっきんの冷トマト

横から見るとこんな感じ。

下にトマトがこずんでる(笑)

1206ちっきんの冷トマト_横から

とにかく食べてみないことにや始まらないってんで、

いただきまーす!

1206ちっきんの冷トマト_いた

うん、

この麺。

よく締められていてうまい!

そしてその麺が持ち上げるスープが、

すっごくイイ!!

動物系のコク深くうまさに溢れていて、

しかもトマトとの相性もばっちりぢゃありませんか。

青菜のなかのルッコラもアクセントになって、

バカウマ。

このスープとこのトマトの組み合わせ以外ちょっと考えられない位、

とにかく完成度が高いですね。

いやはや、

参りました。

誰彼かまわず、

「とにかく食べてみんしゃい」と薦めたくなる、

そんな逸品です。


今度は温かいトマトも食べたいな。

かつおも食べたいな

煮干しも...

困った困った(笑)


久し振りの富士宮

2012-06-17 | 21:56

梅雨の中休み

台風接近で今後大荒れの予感含みなれど、

雨も止んで薄雲の間から時々晴れ間ものぞく日曜日。

久し振りに富士宮方面へ車を走らせました。


まずは浅間さんにお参り。

1206浅間神社

富士山を鎮めてくださいな。

今日は初宮参りの家族が多かったですね。


お腹がすいたので富士市にあるセロリ畑へ。

以前は市役所の近くにあったのですが、

東名富士ICの近くへ移転後初めての訪問です。

注文したのは一番人気のセロ畑ハンバーグ

牛肉100%でつなぎなし。

中はレアなので熱々のペレットで好みの焼き加減で食べます。

1206セロ畑ハンバーグ

こりゃうまい!

そのままでも、焼き色をつけても、

岩塩とペッパーでも、オニオンソースでも。

レア系ハンバーグって美味しいと思ったことがなかったのですが、

そうか、うまいんだ(笑)

ビーフシチューもうまい。、

1206セロリ畑ビーフシチュー

オムライスもうまい。

1206オムライス+ハンバーグ

上ではハンバーグがバランス取っています(笑)

管理人的には、

しっかり火の通った玉子焼きできっちりくるんでケチャップを添えた、

昭和のニオイのするオムライスのほうが好みですが、

これはこれで美味しいですね。


しかしセロ畑ハンバーグには参りました。

今度は3人ともセロ畑ハンバーグにしようと話しながら、

お店を後にして向かったのは、

これまた久し振りの田貫湖。

今日は湿気がかなり多かったですが、

緑が深くて相変わらず気持ちのいいところですね。

1206田貫湖2

蝶の写真を撮ったり

1206田貫湖

以前にはいなかった“がん”の様子をながめたり。

1206田貫湖_がん

あじさいはまだ咲き始めと言った感じですね。

1206田貫湖_あじさい

その後自然塾をのぞいて、

田貫湖を後にしました。

富士山麓は相変わらず気持ちのいい場所でした。


ところで今日は父の日。

娘の焼いたマカロンと、

1206マカロン

妻のメレンゲをデザートに、

1206メレンゲ

楽しかった日曜日は更けてゆきましたとさ。

めん奏心

2012-06-17 | 00:02

仕事帰りにちょっとラーメン ♪ なんて、

じつはちょっとやってみたかったんですよ(笑)

今日は満を持して“めん奏心”へ寄って来ました。

本格派のラーメンにも飢えてまして...


お店は意外にも空いておりました。

スタンダードな醤油ラーメンと半玉トッピングの食券を買って、

奥側のカウンターへ。

このお店って山間の蕎麦屋の様な、

落ち着く佇まいが好きなんですよね。


ラーメンは程なくやってきました。

うーん、いい香り。

1206めん奏心_醤油

端正な顔立ちです。

おや、

メンマが変わってますね~


では早速、

いただきまーす!

1206めん奏心2

麺は小麦の香りがいいですね。

スープはと言うと、

まず煮干しがググッときますが、

ちょっと角が強いかな?

でもその後すぐに、

鰹の香りがこれをふんわりと包み込みます。

このバランスは難しいんでしょうね。

これからの進化もさらに楽しみです。

煮干し醤油で鰹を初めて実感した管理人でした。


次は何処行こうかな。

麺まるい行きたい。

燕行きたい。

ひこ星も行ってみたい。


そういえば最近トンコツ補給もしていない...






6月14日の日記

2012-06-14 | 23:17

わが家にとって、

縁というものの不思議さを思い出す、この日。

今年は初めて、

当日になるまで気がつきませんでしたが...

毎日いろいろあるからね。

それでも妻に、家族に、

友人に、

いろんなものに感謝したいこの日。

今年も迎える事ができました。


みなさんにもそんな、

忘れられない記念日って無いですか?


左岸

2012-06-13 | 01:18

辻仁成の「右岸」に続いて、

江國香織の「左岸」を読みました。

左岸 上 (集英社文庫)左岸 上 (集英社文庫)
江國 香織

集英社 2012-02-17
売り上げランキング : 4019

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


左岸 下 (集英社文庫)左岸 下 (集英社文庫)
江國 香織

集英社 2012-02-17
売り上げランキング : 3059

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


辻仁成の「右岸」の巻末には、

「九と茉莉

幼馴染ふたりの、

50年に及ぶ魂の交歓と奇跡」とあります。

右岸 上 (集英社文庫)右岸 上 (集英社文庫)
辻 仁成

集英社 2012-02-17
売り上げランキング : 8461

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


右岸 下 (集英社文庫)右岸 下 (集英社文庫)
辻 仁成

集英社 2012-02-17
売り上げランキング : 3229

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


家族や、輪廻や、

恋愛や思想、さらに超常現象...

人生のいろいろなものが混じりあい過ぎて、

それが淡々と語られるのでちょっと冗長な印象を受けましたが、

でも500頁を越える単行本を一気に楽しむことができました。

前回のコラボレーション、

「冷静と情熱の間」の赤と青のイメージで読み出すと、

随分と違う印象を受けますが...

興味のある方は是非ご一読を。


さて、

次は何を読もうかな。


最近、週末は図書館かブックオフにいます(笑)


JRで通勤してます

2012-06-04 | 23:29

新幹線じゃないですから念のため(笑)

在来線で大抵座れて片道約50分。

この時間を快適に過ごせるかどうかは、

両隣りにどんな人が座るかにかかってきます。

理想的なのは両隣が(綺麗な)おねいさんの場合ですね。

そして最悪なのは体格のいい男と新聞を読むオヤジ。

股を広げるので膝と膝を突き合わせることになるし、

なにより暑くるしい...(爆)

まあこれは時の運ですね。


閑話休題


最初は寝てばかりいましたが、

何だかつまらなくて久し振りにpodcastを聞きはじめたり。

それでも毎日2時間近くは消費できません。

ということで、ようやく本を読みだしました。

最近文庫化されて本屋にも積まれているこちら。

右岸 上 (集英社文庫)右岸 上 (集英社文庫)
辻 仁成

集英社 2012-02-17
売り上げランキング : 2611

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


右岸 下 (集英社文庫)右岸 下 (集英社文庫)
辻 仁成

集英社 2012-02-17
売り上げランキング : 6259

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

意外なことに、

いきなり日本の昭和どっぷりで、

しかも結構ストレートな表現におやっと思いながら...

でも飽きることなく読み進み、

やっぱり舞台がヨーロッパに移るところは辻仁成っぽいかな。

後半はやや冗長でしかも終盤尻すぼみな感じがしたのですが、

これは対となる「左岸」を読んでみないとなりませんね。


老眼が進み、

本を読むのも少しおっくうになってまいりましたが、

でも、

やっぱり読書は面白いや。