スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルとアナログと。その二

2008-10-05 | 00:42

何となく愚痴めいてすっきりしなかった前回の投稿ですが、

ずっとわだかまっていたことではあるんですよね。

デジタルに移行して失ったものが何なのか。

いただいたコメントに返事を書いている中で自分の考えが整理できたので、

続きの記事を書いてみました。

デジタル写真は、

気楽にバシャバシャ撮って現像も焼きつけもいらないし、

修正もプリントも自分でできる。

便利な時代です。

おまけに運動会のようなイベントで知り合いの写真を撮ったときも、

出来上がったプリントを知り合いに見せてリクエスト集め、

改めて焼き増しして配るなんてことしなくても、

USBメモリを回覧すれば済んでしまう。

そのかわり、

一枚一枚大事に撮って、出来上がりをワクワクしながら待つあの楽しみも無くなり、

最近は撮った写真に今一歩愛着がわきません。

そういえば、レコードからCDになった時も、

レコード盤に針を落とすときのちょっとドキドキするあの儀式が無くなり、

盤に対する愛着も減りました。

考えてみるとデジタル写真には実体がないんですね。

フィルムに残すとか、フィルムに切り取るとかいった情熱が込めにくい。

もちろんデジタル写真の便利さに異を唱えるつもりはさらさらありませんが、

不便さを楽しむことは、

特に趣味の領域では大事にしなければならない事かもしれないと思い始めています。

また、CDではなくレコード盤の、

重さと手間のかかり具合、

DVDではなくレーザーディスクのあの大きさと重さなんていうのも、

物を大切に扱う心構えを養う上で、

意外やとても大事なことかもしれません。

便利な物には落とし穴。

楽なものにも落とし穴。

いや、

きっと楽をしようという気持ちの中に、

マリアナ海溝よりはるかに深い落とし穴が、

(どんなんだろう...)

(書いてて想像力が追い付かない自分が悲しい)

(マリアナ海溝より深い落とし穴に落ちらた...)

(自爆)

あるに違いない!!!!!

ということで、

どっちか、ではなく、

どっちも、が大事かな。



スポンサーサイト

Comment

こんにちは。
デジカメ専門の私には耳の痛いお話で・・(笑)。
でも、世代的には私もアナログなのでよ~く判る気もします。
アコースティックギターや真空管アンプの音は、やっぱ味があっていいなあ・・と感じますし。
すぐ近くにいる人に携帯メールで連絡取り合うような世の中はどうかと思いますが・・液晶テレビやPCの液晶モニタできれいな画面をみていると、デジタルも悪くないかな・・と(^^;)。

  • 2008-10-05 | 19:39 |
  • oyaji URL :
  • edit

oyajiさん

あくまで自分にとっての話のつもりで...
気分を害されたらごめんなさい。oyajiさんのように大事に撮ってる方も一杯いらっしゃるのは存じておりますし、デジタルの良さも理解しているつもりなのですが...。一般に公開する内容ではなかったですかね。

ところで例の話は進みそうですか?今日駅前銀座の某所(爆)へ行ってきたもので。
このような業務連絡ができる場があるといいんですけどね。
mixi?
それとも掲示板付きの簡単なHP作れないかな。


  • 2008-10-05 | 22:07 |
  • sue URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。