高い夢を持とう

2011-01-01 | 23:49

ふとチャンネルを合わせた番組ですが、

久し振りにワクワクしながら見入ってしまいました。

NHKスペシャル 「2011 ニッポンの生きる道」

ノーベル化学賞受賞者の根岸英一博士の、

「下を向かずに高い夢を持って実現を目指そう。

そしてもっと海外へ目を向けよう、外に出よう。

それは誰にでもできること。」

そんなメッセージがとても印象的でした。


そして、

日本がこれから国外に誇れる技術や考え方の数々も紹介されました。

新幹線そのものよりその新幹線を遅延なく運行させるシステムや、

ロボット、人工光合成の開発

そしてやはり技術そのものではなく、

その技術を活用した問題解決力が大事。

スマートシティやIBMのSmarter Planet構想なども、

紹介されていました。


少子高齢化へ人工の波が移動している現在、

高度成長期と同じ薄利多売をしてちゃだめだよねっていう、

「デフレの正体」の著者、

デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)藻谷 浩介

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-06-10
売り上げランキング : 22


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

藻谷浩介さんの主張も織り交ぜながら。



NHKスペシャル 「2011 ニッポンの生きる道」 Webサイトより・・・

激しい円高、雪崩をうつ企業の日本脱出、雇用の崩壊…。得意だったはずの「ものづくり」でも韓国や中国に技術で追いつかれ、原発や高速鉄道の受注競争などで競り負ける場面が続いている。しかし本当にニッポンは力をなくしたのか?まだまだ強みはあるのではないか?自信を持ってやるべきことをやり、変えるべきを変えて2011年を力強く歩み出す、年頭のメッセージを送る!
メインゲストは2010年のノーベル賞受賞者根岸英一博士。「悲観的な議論からは何も生まれない。前を向いて建設的に考えるべきだ」という博士の前向きな言葉から、番組は始まる。そしてニッポンが今も保持する「強さ」を確認しながら、しかし世界経済が大変革期を迎える中で「安くていいモノをこつこつ作ってさえいれば報われる」というこれまでの発想を根本的に変える局面にきていることを指摘。現場の取材を織り交ぜながら、どんな転換をしていくべきか専門家が具体的に提言していく。
そして就職難に直面するなど未来を描けない若者にも、根岸博士が熱いメッセージを送る。


日本のすごさとは何か。

技術立国の技術とは何なのかもう一度見つめなおし、

人類の課題に立ち向かおう!

そのためにも、リスクを恐れず果敢に世界を目指そう!!


総花的な感は否めませんが、

ちょっと刺激的なプログラムでしたよ。







スポンサーサイト

Comment

あけまして おめでとうございます。

新年そうそうご挨拶ありがとうございます。

今年は夢も望みも高く持って生きて行きたいなと 改めて思い舞s他。
今年もよろしくお願いいたします。

  • 2011-01-02 | 01:59 |
  • Hearts(室長) URL :
  • edit
Hearts(室長)さん

おめでとうございます。

時代の変化はこう感じ取らなきゃねっていう意味では、
ちょっと矛先の変わった面白さがありました。

本年もどうぞよろしくお願いします。

  • 2011-01-02 | 02:27 |
  • sue URL :
  • edit

Post a comment

Secret