スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りの三保

2011-02-24 | 22:30

生まれてから小学6年生まで過ごした、

静岡県は清水の三保地区

造船や金属メーカーなど多くの工場が立地しとても賑やでしたが、

その後の産業界の変遷とともに当時の賑わいも何処へやら。

海水浴も当時の賑わいには遠く及ばず、

三保文化ランドも閉園し...


でも気候は温暖だし、

なにより海はたっぷりあります。

東西南北どっちむきの浜もあり、

風向きに関係なくどこかで釣りができる。

晩年を釣り三昧で過ごすにはいい所ですね。


さて、

そんな三保へ久し振りにお散歩しに出かけてきました。

子供が学校で羽衣伝説についてレポートするらしく、

そのおつきあいで三保ノ松原へ。


久し振りにいった羽衣ノ松は、

なんと代替わりしておりました。

旧羽衣ノ松

1102旧羽衣の松

相当疲弊しておりました。

そしてこちらが新羽衣ノ松

1102新羽衣ノ松

代替わりっていうのも、時代ですかね。

そうですかと簡単に受け入れられないものもありますが、

初代もかなりお疲れの様子ではね。

テトラが入って海岸線も変化しておりました。

変わりゆくものあり、

そして頑固に変わらない土産物屋があり...(笑)

なんたって40年以上前から売ってるものが変わらない。

1102おでん屋

おでんも変わらない。

幼少のころ慣れ親しんだ“みそおでん”。

1102みそおでん

ただでさえ濃いつゆで煮たおでんを、

どっぷりとみそだれに付け込んで食べます。

1102みそおでん2

これは三保の文化かもしれない。

おでんと田楽の幸せな邂逅とでもいいましょうか(笑)


清水も不思議な土地ですが、

三保もまた独特の雰囲気ですね。

たまに探検すると、

面白い発見があるかも...



スポンサーサイト

Comment

三保といえば

個人的には清水港線のイメージが強かったりしますね。
廃線が決まったときに一度は乗っておこうと思っていたのに、結局乗れずじまい。客車に乗って可動橋を渡ってみたかったのに・・。
廃線跡が遊歩道になって残っていたりするのがせめてもの救いだったりします。

  • 2011-02-24 | 23:27 |
  • 寒波々 URL :
  • edit
寒波々さま

ジモは三保線と呼んでました(笑)
客車は昔ながらの造りで、
屋根も高くとてもゆったりしていました。
可動橋が無くなっちゃったのはサビシイですね。

おでん、食べてくればよかった...

  • 2011-02-25 | 23:12 |
  • sue URL :
  • edit
先輩!?

こんばんわ!いつも楽しく感心しながら拝見しています

前は三保にお住まいだったんですね!となると私の先輩かな・・・

私は未だに三保在住♪ベイサイドの住環境のいい土地ですよ

  • 2011-02-27 | 21:06 |
  • トム URL :
  • edit
トムさんへ

初めまして、でしょうか。
間違ってたらゴメンナサイ。

コメント有難うございます。

久し振りに訪れた三保ノ松原の雰囲気は、
幼稚園時代遊びまわった場所そのものでした。
あの味噌だれにどっぷりつけるおでんも、
当時のまま。
独特の文化ですね。

近いうちにポタリングに行こうと思います。

  • 2011-02-27 | 21:49 |
  • sue URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。