今回の地震

2011-03-14 | 00:28

東北地方太平洋沖で、マグニチュード9.0という、

観測史上日本で最大級の地震が起きました。

時間の経過とともに甚大な被害の状況が報道されています。

地震による被害は静岡に住む私達にとって決して他人事ではありません。

被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。


ここ静岡でも長く大きな揺れを感じました。

まさか三陸沖が震源だとは思えない規模でした。

そして帰宅後に見た、津波の被害映像に愕然としました。

東北から関東の沿岸沿いの大惨事はショッキングなものばかりです。


震源から遠く離れたここ静岡でも津波への警戒で、

道路(大動脈)が寸断されました。


そもそも何で帰宅難民があれほど多数発生するのでしょう。

これだけ携帯電話を普及させておきながら、

何で肝心な時にまるで役に立たないのでしょう。

これだけ薄氷を踏みながら原発に頼らないと、

我々は本当に生活できないのでしょうか。

今回のような甚大な災害時にこそ、

そのインフラの脆弱性を問い直すとともに、

生活のあり方そのものを見直すチャンスなのではないでしょうか。

そんなことをぼんやり考えております。








スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret