あなぐら

2012-03-11 | 00:14

ちょっとラーメンから頭が離れておりましたが、

実は管理人の頭の中には、

密かに二つのテーマがありまして(笑)

ひとつは「もう一度食べたいラーメン@福島」

もう一つは「鰹の効いたラーメンとは如何」

福島でもう一度食べたいラーメン(行きたいラーメン屋)といえば、

前回も書いたかまや食堂

春木屋郡山分店で塩にぼし。

そして鰹の効いたラーメンは、またまた登場かまや食堂

郡山のあなぐら

そして埼玉にある(福島にも支店があります)もちもちの木。

さて、3月に入ったとある土曜日。

ちょいと用事があって郡山に出かけました。

目的地は“夢のデパート”うすい百貨店です。

1203夢のデパート

久し振りの郡山なので、

お昼にラーメンを食べようと思い、

候補に挙がったのが、

「もう一度シリーズ」の春木屋と、「鰹シリーズ」のあなぐら。

何となく春木屋優勢だったのですが、

車を置いて「うすい」に歩いて行く途中にある「あなぐら」

あら、暖簾がかかっている。

そしてどうやら“おいでおいで”しているみたい。

一度通り過ぎたのですが、

Uターンして暖簾をくぐっちゃいました(笑)

1203あなぐらの暖簾   1203あなぐらの看板

ここは呑み屋さんで、

〆のラーメンが評判になり昼のラーメン営業を始めたとか。

メニューはこんな感じでいろいろありますね。

1203あなぐらメニュー

迷わず「あぶり」を細麺で注文。

程なく運ばれてきました、あぶり

1203あぶりがつお

うーん、飾りっ気が無いですね(笑)

まずはスープから。

うん、かつおだ。

わかりやすくて、美味しい。

蕎麦好きにはぴったりですね。

これにゆずの香りが効くと申し分ないかな。

では麺をいただきましょう。

1203あぶりがつおいただきま

細麺とはいえやはり加水率が高く縮れているのはお約束ですね。

意外と言っては失礼ですが固めでゆで加減もよかったです。

トッピングはねぎ、メンマ、のり、お麩、

そしてチャーシューではなく角煮の様な良く煮込まれた肉。

ちょっと味が単調で、食べ進んて行くうちに飽きてきてしまいがち。

ラーメン単独で見ると練れていない印象を受けますが、

飲み屋で〆のラーメンにこれが出てきたら嬉しいですね。

節粉でかつおを効かせるのではなく、

脂で旨味を乗せるのでもない。

きちんと出汁をひいた感じは好感度大です。

がんばって進化して欲しいラーメンでした。



鰹シリーズはもう一度“かまや食堂”と、未食の“もちもちの木

もう一度行きたいシリーズは春木屋@郡山ふじ乃@会津かな


勿論他にも行きたい店は沢山あるのですが、

管理人のようにラーメンを遠くまで食べに行くことは滅多にない人間にとって、

ということで。




スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret