ぐりんぱ

2012-03-29 | 22:10

春分の日のこと

富士山麓にある遊園地“ぐりんぱ”へ行ってきました。

子供がスケートをやりたいと言っていたので、

最終日ですが突撃です。

“ぐりんぱ”は旧“日本ランド”

昭和に育った静岡県民にはおなじみではないでしょうか。

訪れるのは30年ぶりくらいかな。

やはり学生時代にスケートをして以来になります。

“ぐりんぱ”はすぐ近くに、

富士急ハイランド、富士山こどもの国、サファリパークがあり、

その位置づけが何ともぼやけてしまっているようですね。

でもスケートと言えばここなんですよね。


入口はそり遊びに来た親子連れで賑わっていました。

スケートリンクはと言うと、

往時の1/4程度でしょうか。

しかも運営期間ぎりぎり(最終日?)のせいか氷は既にかき氷状態で、

表面をならしてくれるのですが、すぐザクザクになりますね。

まあそんな中でも、

子供達は転びまくりながら楽しんでおりました。


ひとしきり滑ってお昼を済ませた後は、

ピカソのタマゴというアスレチックへ子供達を放牧

アスレチックと迷路とスタンプラリーが合わさったようなアトラクションで、

結構夢中になっておりました。

しかし付き添いにとっては厳しい寒さでしたね。

1203ぐりんぱ

陽射しがあったのが唯一の救いですが、

冷たい風が吹きまくり(笑)

手袋、帽子、ネックウォーマー、イヤマフなどはマストでしたね。

(一つも持ってかなかった...)


なんだかあちこちにほころびが目立ち、

昭和まっただ中に育ったオヤジとしては寂しい限りですが、

なんとかぐりんぱとしての位置づけを見出して、

頑張ってほしいですね。

1203ぐりんぱ2

なんたってこのロケーションは圧巻ですから。


さて、

あまりにさぶい思いをしたので、

帰りは富士の田ぶしでラーメン食べて、

1203田ぶし

帰りましたとさ。

めでたし




スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret