スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリズム/百田尚樹

2012-07-27 | 20:21

一条の光が七色に別れるかのごとく...


百田尚樹の「プリズム」を読みました。

片道50分の電車通勤2日分位の時間です。


ひょんなことから家庭教師先の家庭で、

多重人格を患う人物と係わることになった女性の物語。

目の付けどころが面白かったり、

虐待による多重人格の問題が例にもれずアメリカより遅れて日本でも問題になりそうなことなど、

読みやすいけど考えさせられる、

興味深い小説でした。

プリズムプリズム
百田 尚樹

幻冬舎 2011-10-06
売り上げランキング : 46174

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「プリズム」百田尚樹

いま目の前にいるのは、私が愛した“あなた”ですか? かつて誰も経験したことのない、切なくミステリアスな恋愛の極致!! 「僕は、実際には存在しない男なんです」 世田谷に古い...

Comment

sueさん、暑中お見舞い申し上げます。

百田さんの本、毎回違ったテーマで面白く読ませてもらってます。今読んでいるのは、初の時代小説の影法師です。これまた良い話です。

外れのない作家というのも本当に凄いものだと思います。

  • 2012-07-28 | 05:34 |
  • メンカタ URL :
  • edit
メンカタさん

暑中お見舞い申し上げます。

百田さんの本を読んだのは初めてですが、よく練られているうえ読みやすくて驚きました。

他の作品も読んでみますね。

  • 2012-07-28 | 09:06 |
  • sue URL :
  • edit

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

  • 2013-09-18 | 00:12 |
  • 藍色 URL :
  • edit
藍色さん

コメント及びTB有難う御座います。
すごく内容の厚い感想記事ですね。
時々遊びにお邪魔させていただきますね。

  • 2013-09-19 | 23:08 |
  • sue URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。