スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算数

2012-11-25 | 20:05

三連休の二日目ですが、

朝寝坊してブランチにゆるゆると「きのこスパ」を作り、

コーヒーを入れてまったり、と

久しぶりに自分を取り戻したような休日のスタート。

この日は最近勉強を頑張っている子供の算数に付き合いました。


実を言うと管理人は算数の特に“○○算”の類が苦手で、

中学で方程式が使えるようになりホッとしたタイプゆえ、

“X”を使えない算数は乗り越えならなかったマウンテンですね(笑)

ということで久しぶりに頭が茶を沸かしたのがこの問題。

「284、604、1004をある数でわると同じあまりがでます。ある数のうち一番大きいのはいくつですか(一部改)」

始めどうしたらよいか訳も分からず、

思わず素因数分解してみたりして...

結局答えは出たけど理屈がわからず、

解法を見てそこから理屈を想像するという情けなさ(^_^;)

何だか古傷が広がってしまいましたが、

でもまあ何とか子供を納得させる説明ができて事なきを得ました。

改めてどっぷりと子供の勉強に付き合うことができて、

その後リクエストのミスドに連れて行くこともできて、

意外に有意義なお休みとなりました

まる


スポンサーサイト

Comment

算数は

難しいですね。
方程式に慣れていますから、算数的な考え方は説明が難しいです。

 中学生以後の考え方ですと、「剰余の関係式」が使えます。

AをBで割ると、商がCで余りがD を

A=B×C+D と表せます。

これを使って、求める数をBとすると
284=B×?+余り
604=B×?+余り
1004=B×?+余り

と書けます。(?は異なる数になります)

604-284=B×?=320
1004-604=B×?=400

となりますから、320と400の最大公約数、80が答えです。
これを小学生にどう説明するかというと、私には思いつきませんね。
ご苦労に同情申し上げる次第です。


御大

解説していただきありがとうございます。

そうですね。
剰余の関係式を使えばまずは自分の中で整理できますね。
でも、おっしゃるとおり代数を使わずに説明するのが果てしなく難しくて...

結局
284=284+0
604=284+320
1004=284+720とばらして、
「割る数」と「余り」は284の中にあるのだから、
残りの320と720は「割る数」で割り切れるはずとして、
両方の最大公約数から80を導いたのですが、
自分でも書いててよくわかりません。

このところ週末になると頭から湯気上げています(笑)



  • 2012-11-26 | 22:33 |
  • sue URL :
  • edit

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。