楽園のカンヴァス

2013-01-10 | 20:05

「楽園のカンヴァス」を読みました。

作者は原田マハさん

その経歴を見ると、

美術やデザインへののめり込み方も経歴も相当なものですね。

装丁のデザインといいタイトルといい何だか妙に惹かれる、

そう、

書店の本棚に並んでいて一際輝いていたのを覚えています。

楽園のカンヴァス楽園のカンヴァス
原田 マハ

新潮社 2012-01-20
売り上げランキング : 630

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さてお話はというと、

アンリ・ルソーの作とされるある絵画の謎に、

ルソー研究家の二人が挑むストーリー。

実際に関わっているだけあって、

美術館の運営や企画の運用、

キュレーターや美術に携わるお仕事の描写も大変興味深く描かれています。

物語は、様々な登場人物の人生が複雑に絡み

アートに向き合うとは、

美と驚きに満ちたこの世界を見つめ、感じ、愛すること


であることが体現されていきます。


美術のことは全く門外漢なれど、

なぜか美術館が大好きな管理人としては、

美術館に行き、

絵画に触れたくなりますね(もちろん実際に触るという意味ではなく)

とても魅力的な、

繰り返し読み込みたくなる、

そんな作品に出会えました。



スポンサーサイト

Comment

No title

sueさん、こんにちは。

楽園のカンヴァス、良かったですよねぇ。直木賞を獲っていたら・・・と思わずにはいられません。インタビューでは、これからも絵画関係の小説を書いていくそうですから、期待できますね。

  • 2013-01-10 | 22:20 |
  • メンカタ URL :
  • edit
メンカタさん

こんにちは。

良かったですよね!
久しぶりにドキドキしながら読んじゃいました(笑)
もっともっと読み込みたくなってます。
次の作品も楽しみですね。

  • 2013-01-10 | 23:45 |
  • sue URL :
  • edit

Post a comment

Secret