最近あまりTVを見ない

2014-01-20 | 20:33

「街頭テレビ」の世代じゃありませんが、

既に各家庭に白黒TVがあり、

白黒がカラーテレビになり、

UHFで民放ができて(どっちが先だったかな)(笑)

東京オリンピックにドリフターズ、

レコード大賞に紅白歌合戦、

王貞治のホームラン記録や江川の投げていたナイター、

オレ達ひょうきん族に笑っていいとも...

思えば自分の生きてきた時代は、

TVとともにあったと言えるかもしれません。


しかし気がつくと、

最近はあまりTVを見なくなりました。


思えば小泉劇場の「郵政民営化是か非か」でただただ大騒ぎし、

東日本大震災発生では津波の映像と「ポポポポーン」しか流さず...

あのあたりですっかり白けちゃったのかな。

最近は、

とりあえずお笑い芸人やAKBなどを並べるだけで、

筋も演出もまるで練られていないものばかり。

ニュースは判で押したように、

「犯人はこの玄関から階段を駆け降り、

○○の方向に走って逃げたと思われます」といった報道するけど、

その報道は必要なの?

昔、ザ・ぼんちという芸人がワイドショーを揶揄して、

「犯人は、A地点からB地点へ...」とやっていたのを思い出します。


我が家の居間では、

いまだに何となくテレビがついてます。

グダグダ言ってないで、

嫌なら見なければいいじゃないかと思われるかもしれませんが、

でもTVは誰でも放送できるわけではないし、

スポンサーの払う広告料は商品価格に反映されるわけだから、

公器としての存在を忘れて欲しくないですね。


まあしかし、

文句言ってないで、

とりあえず点けるから、とりあえず消すようにしてみようかな。






スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret