スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感

2014-06-19 | 12:00

たわごとを書きます。

長くなりそうなので、

お時間のある方はお付き合いいただければ幸いです。


このところの世の中の風潮として、

時間をかけて脈々と築き上げてきた「文化」が急激に衰退した結果、

くさいものに蓋をし、

刹那的で享楽的なものばかり追求し、

あまりに軽い言動がそこここで目につくような気がするのは私だけでしょうか。


集団的自衛権の問題が日々報道されてますが、

こんなに簡単に、

一内閣が、

この国を戦争ができる国に変えちゃっていいのかい。

何かというと国民の生命と安全を守るためと言うけど、

まずは福島の人を守ろうよ。

アジアで周りに友達をつくる努力もせず、集団的自衛権で守ってもらおうなんて、

まるでお子ちゃまぢゃないの。


サッカーワールドカップ初戦。

FIFAランキング46位の日本代表は23位のコートジボアールに負けましたね。

初戦で負けるのも痛いのに、

残るは12位のギリシャと8位のコロンビアとの対戦と、

どんどんハードになるばかり。

フィジカルに強いチームに対してどう戦っていくというのでしょう。

それが無いからコートジボアールに絵に描いたような敗戦を喫したというのに。

この期に及んで、

ザックジャパンだったら、本田だったら、何とかしてくれるんじゃないか、

なんて雰囲気がただよってませんか。

勿論私も日本代表の活躍を願う一日本人です。

でも冷静に考えたら相当難しいことに挑戦するのだから、

周到な戦術・戦略の上に、

しゃにむに、何が何でも勝ちに行ってやるといった、

フランスワールドカップ、ジャマイカ戦での中山雅史のような迫力が、

是非とも必要なのではないでしょうか。

いくらヨーロッパのビッグクラブで活躍するようになっても、

ACミランの10番を背負うようになっても、

日本サッカーは報道されている程強くなってはいない。

世界と伍して戦っていく戦術もない。

ザッケローニの戦術、戦略って何?

マスメディアもトルシエのときはあれだけあることないこと叩いたのに、

今では「ザックジャパン」を連呼してゆるやかな一体感を醸し出すだけ。

ピッチ上の選手も誰もかれも本田に気を使うだけだけど、

インタビューに答える代表選手たちの表情に、

“断固たる決意”が感じられますか?

歯を見せている状況では無いと思いますが?

もっと愛をもって尻を叩こうよ。

男中山に、

芯を通してほしい。

いやホント。


FIFAランキング4位、スーパースター「クリスチアーノロナウド」擁するポルトガルが、

2位のドイツに0-4と大敗を喫しました。

ランキング1位の優勝候補スペインも、

15位オランダに1-5と大敗。

一方エース「ネイマール」を擁する3位ブラジルに、

20位のメキシコが0-0と健闘しました。


サッカーは何があるかワカラナイとよく言われますが、

それは多くの場合勝ち負けの話であって、

強豪同士の対戦で4-0や5-1というのはどうなんでしょう。

イングランドも予選敗退か、なんて囁かれてますが...

世界的にも何が起こっているのかよくわからない今日この頃です。

文化と乖離すると生活の土台が揺らぎますよね。

芯の無い世の中に、

警鐘を鳴らす術を持てなかった後悔とともに...


スポンサーサイト

Comment

Post a comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。